FC2ブログ

洋書メイン、和書も読む(^-^)つまり、単なる本好き♪

  さぁ、楽しい洋書の時間だぞ♪のナビゲーター   トップページ > 読みやすさレベル0 > Red Fox and His Canoe  

Red Fox and His Canoe

2010 - 03/30 [Tue] - 21:45

アーノルド・ローベルさんの本を10冊も(!)お借りできたので、
只今リッカはローベルフェア開催中です(笑)
幸せぇ~

こちらはイラストがローベルさんによるLR。
Red Fox and His Canoe (I Can Read Book 1)

Red Fox and His Canoe (I Can Read Book 1)
(1985/05/01)
Nathaniel Benchley

商品詳細を見る


タイトルと表紙をみて、foxなんていないじゃん~、って思っていたら、
主人公の男の子の名前がRed Foxでしたw

動物たちに振り回されちゃうお話です。
ふふふ。
この、男の子の表情がいいんですよーー。

久々のLRだったので、すっごーーーく幸せでした!
たまにはこういう簡単なものを、タップリ読みたい!!

普段はコスパ考えると、自分ではなかなか購入できないし、
(イナカに洋書バーゲンはないのです
地元図書館にはあまりLRの蔵書がないし、で、
LRはご馳走なのです

多読初期より、今の方がLRを楽しめるようになりました♪
ありがとうございました^^

読みやすさレベル・0  804語

人気ブログランキング

リッカさん、こんばんは。

LR、いいですよね~。
いろんな出版社から出てますけど、私は「I CAN Read」のシリーズが一番好きです。
結構絶版になってるのもあるんですよね。
図書館でHCの「I CAN Read」があったりして、「なんで再販しないんだぁ~~」と思います。それもローベルさんの作品だったりするとなお残念でなりません・・・。

 
 
 

楽しそう♪

ローベルフェア開催中とは、なんとも羨ましい~^^
私も I Can Readシリーズ大好きです。

このほんわかさと、簡単に読める楽しさといったらもう~~~

>普段はコスパ考えると、自分ではなかなか購入できないし、
 (イナカに洋書バーゲンはないのです)
 地元図書館にはあまりLRの蔵書がないし、で、
 LRはご馳走なのです

全く同感です。できるものなら全部揃えて手元に置いておきたいけど、
当然そんな事無理・・・。
相互貸借でリクエストしても時間かかるしね・・・。
数ヶ月に一度だけど、図書館に行くとむさぼるように読んでいます。

hanazoさん

こんばんは♪

私、あんまりLRは読む機会がないのですが、
ホント、いいですねぇ^^
簡単な文章で、こんなに表現できるんだー、とか、
言葉が染み込むような感じがたまりません~~。

こんなに楽しめちゃうのに、絶版になってる本があるなんて(T-T)
悲しい・・・。

nappuさん

こんばんは^^

nappuさんは行ける範囲にLR置いてある図書館があるんですねー。
いいなー。
私は、行ける範囲内の図書館ではあんまりLR見かけないです。
もっと置いてくれればいいのに・・・。

もっと読みたいー、と思って相互貸借を出すのですが、
待ってる時間の方が長くって、
ときどきビミョウな気持ちになります(^^;

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://read4happy.blog52.fc2.com/tb.php/528-d3c073f3

 | HOME | 

ブログ内検索

クリック募金

クリックで救える命がある。

おおきくなぁれ♪

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

カテゴリー

読了本(種類別)

月別アーカイブ

amazon

お気に入りです

ブログランキング

★ランキング★

プロフィール

リッカ

Author:リッカ
読了本の紹介や思ったことを綴っています。

2007年11月より多読をスタート。
2008年10月 100万語通過。
2009年 6月 200万語通過。
2010年 3月 300万語通過。

300万語通過以降、カウント停止。


多読とは、
1・辞書は引かない
2・わからないところはとばす
3・つまらなくなったらやめる
を原則として、
簡単な本を沢山読む、というものです。

なお、読みやすさレベル、語数はSSSさんの書評システムを参考にさせていただいております。

コメントは歓迎しておりますが、
記事に関係のないコメント・トラックバックは削除することがありますので、ご了承下さい。

多読始めはここから

リンク

☆リンク☆

RSSフィード

本選びの参考に

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR