FC2ブログ

洋書メイン、和書も読む(^-^)つまり、単なる本好き♪

  さぁ、楽しい洋書の時間だぞ♪のナビゲーター   トップページ > DVD等 > ユー・ガット・メール  

ユー・ガット・メール

2009 - 07/07 [Tue] - 19:38

観ました!

ユー・ガット・メール [DVD]

ユー・ガット・メール [DVD]
(2009/04/22)
メグ・ライアントム・ハンクス

商品詳細を見る


主人公キャスリーンが老舗の児童書専門店を経営、ってことで、
仕事先の児童書専門店が出てくるたびに、
画面を必死に見てました。

あ、あれは・・・!とか、
今うつったの、なんだろう?とか。
ストーリーよりも、本が気になる汗

ということで、あまりストーリーには集中できていなかったのですが(^^;
なかなか面白いラブコメでございました。

作中で、DahlのBoy: Tales of Childhoodのストーリーテリングが少しあって、
聞き入ってしまいました。(もっと聞きたかった~)
何より、児童書専門店へ行って見たい・・・!って思いました。

他にも、キャスリーンの好きな本が、私も読んでみたいと思っているPride and Prejudiceだったり。

色々ストーリー以外のところが気になってしまったのですが、
楽しめました♪

↓ぽちっと、お願いしますパソコン
人気ブログランキング

リッカさん、こんばんは。

スカパーで何度か放送していたことがあって私も観たことありますぅ~♪
メグライアンも好きな女優さんだったりします。
若い頃の彼女はホントキュートでかわいいし。
彼女の英語は聴きやすく感じるんですよね。
自分がちょっとレベルUPした気分になります。(厚かましい・・・)

日本にはどこに行っても書店はあるけど、児童書の専門店っていうのはほとんどありませんもんね。

こんばんは♪

昔々に1、2度見たっきりですが、今見たら、リッカさんみたいに本筋とは違うところで興奮しそう(笑)
また見たいな~。

hanazoさん

こんばんは♪

いえ、全然厚かましくないですって~。
私も、聞きやすい英語を聞くと、
「私って、凄い?」
とか思ってますよ(笑)
で、ニュースとかに流れてくる英語を聞いて、凹む、と・・・。


児童書専門店って、日本じゃほとんど見かけないですねー。
商売として成り立つのかしら?なんて、思ってしまいました。

そういえば、ゴースト、借りてきたんですけど、観る時間が取れず、そのまま返却してしまいました(泣)
勿体無い・・・。
でも、また借りてこようと思っています♪

しろぱんさん

こんばんは♪

ぜひ、違うところで興奮してください(笑)
そういえば、メールを受信するときに、ダイヤル音がしていたのも、妙に印象的でした。
10年前って、あんなだったかなぁ・・・?
なんて、そっちも気になったりして。

なんか、よきNYって感じの雰囲気も好きでした^^

ふっふっふ・・・

ね、ストーリーとは違うところでヒートアップしてしまうでしょー!
どうしても、あの書店が潰れることは納得いきません。
アメリカの資本主義のありようを崩さないからこそ、ラブコメディ
にシリアスな面があって、ゆるゆる感がなくなったのでしょうが、
なんだかな~。
本好きには楽しい映画ですよね♪

雫さん

こんばんは^^
素敵なDVDを教えていただいて、ありがとうございました♪
もぉ、今までとは、全く違う見方でしたよ(笑)
楽しめました~

私も、閉店がいきなりすぎて、なんだか疑問でした。
そんな、アッサリ・・・、とショックだったんですよ。
たとえフィクションでも、本屋さんが閉店なのは、悲しすぎます・・・。

でも 、ほんと、楽しかったです!
Charlotte's Webが読みたくなりました^^;
(店内にポスターが貼ってあったんですよ~)

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://read4happy.blog52.fc2.com/tb.php/349-20fc31bc

 | HOME | 

ブログ内検索

クリック募金

クリックで救える命がある。

おおきくなぁれ♪

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

カテゴリー

読了本(種類別)

月別アーカイブ

amazon

お気に入りです

ブログランキング

★ランキング★

プロフィール

リッカ

Author:リッカ
読了本の紹介や思ったことを綴っています。

2007年11月より多読をスタート。
2008年10月 100万語通過。
2009年 6月 200万語通過。
2010年 3月 300万語通過。

300万語通過以降、カウント停止。


多読とは、
1・辞書は引かない
2・わからないところはとばす
3・つまらなくなったらやめる
を原則として、
簡単な本を沢山読む、というものです。

なお、読みやすさレベル、語数はSSSさんの書評システムを参考にさせていただいております。

コメントは歓迎しておりますが、
記事に関係のないコメント・トラックバックは削除することがありますので、ご了承下さい。

多読始めはここから

リンク

☆リンク☆

RSSフィード

本選びの参考に

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR