洋書メイン、和書も読む(^-^)つまり、単なる本好き♪

  さぁ、楽しい洋書の時間だぞ♪のナビゲーター   トップページ > 2009年06月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Ink Drinker

2009 - 06/30 [Tue] - 21:15

The Ink Drinker (A Stepping Stone Book(TM))

The Ink Drinker (A Stepping Stone Book(TM))
(2002/02/12)
Eric Sanvoisin

商品詳細を見る


Odilonは本が嫌い。
でも、家は本屋さん。
夏休みにお父さんの本屋さんで、こっそり隠れていると、変わったお客さんがやってきた。
その人は、本にストローをさして、文字を吸い込んでいたのだ・・・!


ずっと、読んでみたかった本です。
あらすじにも惹かれるし、イラストも好きです^^

この本、オールカラーでイラストも多いのですが、
ちょっと、難しい単語もありました・・・。
フランス語から英語へ訳されたものだから?
関係ない??

あぁ、続きが読みたい・・・。
けど、2巻以降はいいお値段のものもあるようです(^^;

読みやすさレベル・4  2,340語

↓ぽちっと、お願いします♪
人気ブログランキング

スポンサーサイト

Junie B. Jones and the Stupid Smelly Bus

2009 - 06/29 [Mon] - 20:02

Junie B. Jones and the Stupid Smelly Bus (Junie B. Jones #1)

Junie B. Jones and the Stupid Smelly Bus (Junie B. Jones #1)
(1992/07/28)
Barbara Park

商品詳細を見る

Junie Bはもうじき6歳。
明日から、スクールバスに乗って、Kindergartenに通うことになりました。
でも、Junie Bはスクールバスになんて、乗りたくありません。
イヤだって言ったら、イヤなの!
朝は渋々乗ったものの、帰りは、絶対乗らないわよ!とJunie Bのとった行動とは・・・。
Guess what?


すんごい野生児・・・。
娘とJunie B同い年なんですが、娘はこんなこと、絶対しないわ・・・。

なんて、思いながら読んでいたのですが、意外と繊細って言うか、
新しいことに対する恐怖感とか、ちょっと、怖がっている感じが娘とかぶりました。
そう思ったら、結構、可愛いかも。

それに、何するのも楽しそうだし、全力なのね、って思い始めたら、
ますます可愛く思えてきちゃって。

このシリーズ、飛び飛びで10冊持っているのですが、
読み始めたときは、うーん、10冊もいらなかったかも(^^;
と思っていたのですが、
今は、続きが読みたいです。
あー、とびとびじゃなくって、ちゃんと続けて読んだ方がいいのかなー。
なんて、考えてしまいます。
そのうち、コンプリしてるかも・・・出費


読みやすさレベル・3  6,640語

書評システムでYL3になっているのですが、私はとっても読みやすく感じました。
でも、子ども特有のテンションの高さが苦手な方には読み難いかも・・・。
とにかく、すっごいテンション高いんですよね、Junie B。

↓よろしくお願いします^^
人気ブログランキング

Madeline

2009 - 06/28 [Sun] - 17:03

Madeline (Picture Puffin)

Madeline (Picture Puffin)
(2000/05/01)
Ludwig Bemelmans

商品詳細を見る

多読を始めた頃に読んで、「分からん・・・」って思った本です。
イラストも可愛いくって好みなので、どーしても読みたくて、
その後も読んだのですが、
わかるけど、ぎりぎり、くらいでしたsn

その後は、「Madeline=難しい」とインプットされてしまい。。


今回、読み返してみたら、
「あ、わかる・・・」

可愛いMadelineちゃんを堪能いたしました3はーと

この本って、文章を頭から読まないと(多分)理解できないんですよ。
多読を始めたころは、頭から読んでいるつもりでも、出来ていなかったんだな・・・。きっと。

読みやすさレベル・1  430語

↓ぽちっと、愛の手をハート
人気ブログランキング

Fair,Then Partly Piggy

2009 - 06/27 [Sat] - 20:00

はれときどきぶた 英語版

はれときどきぶた 英語版
(1986/09)
矢玉 四郎キース ホールマン

商品詳細を見る

(No Imageになっていますが、アマゾンさんには画像がありました。)

小学生の頃好きだった、はれときどきぶたの英語版が図書館にあったので、借りてみました。

訳者のあとがきに「直訳で、ネイティブが読んでも分からないと思う。日本人の為に訳した」って書いてありました^^;
日本人には通じるけど、外国人には馴染みがない習慣等、説明が必要であろうところに、あえて説明的な英文は入れていない、ってことらしいです。

正直、日本語で読んだ方が、面白い(だろう)と思いました・・・無言、汗

でも、とっても簡単な文章で、この量を(ざっくり4,000~4,500語くらい)を書くのは凄いと思う。
そして、ラストはどうやって訳すのだ、と気になったのですが、
そうかー、こうきたか!と感心してしまいました。

ナンセンスなお話で、面白いですよ^^

読みやすさレベル・1~2くらい  ざっくり4,000語

↓お願いしますpig
人気ブログランキング

Bedtime for Frances

2009 - 06/26 [Fri] - 20:20

Bedtime for Frances (Trophy Picture Books)

Bedtime for Frances (Trophy Picture Books)
(1995/10/30)
Russell Hoban

商品詳細を見る

もう、寝る時間のFrances。
でも、なかなか寝付けません。
ミルク飲んでいい?
おんぶして!チューして!
部屋にトラがいる!

なかなか寝ません、Frances。手強いです。

私なら、とっくに「いいから寝なさい怒」と言いそうですが、
Francesのお父さんとお母さんは丁寧に対応してくれます。(尊敬~)

読んでいて、一体いつになったら寝るんだろ・・・。
と、こっちが眠くなってしまいそうでしたが^^;
全体にほのぼのしていて、よかったです♪

そう、子どものころは、こんな風に寝付けない日があったりしたのよね~。

いまは、ベッドに入った瞬間に寝れます!
って、あんまり自慢にならないか・・・。

読みやすさレベル・1  1,350語

↓お願いしますみみ
人気ブログランキング

Ghost Stories

2009 - 06/25 [Thu] - 18:40

地元図書館よりお借りしております。
Ghost Stories: 1800 Headwords (Oxford Bookworms Library)

Ghost Stories: 1800 Headwords (Oxford Bookworms Library)
(2007/12/06)
Rosemary Border

商品詳細を見る


そんなに、怖くないです。
古典的な話が6話入っているのですが、つるつる読める~♪

が、どうも、つるつる読んでいるようで、
なぁんか、すっきりしないんだよなぁ・・・。的なところがありました。

分かったような、分からないような??

で、夫とこんな話をしていて、ふと、気付きました。

「ねー、ダーは怖い話、好き?」
「好きだよ~」
「私も好きなんだけど。
でもねー、こういう現象が起こっている原因はこういうことです、みたいな話の方が、スッキリしない?
こういう現象がありました、だけだと、なんか、すっきりしなくない??」
「いや、実際は、原因なんか分かんないでしょ」

・・・・・・あぁ!

読んでいて、はっきりと分からなかったのは、むしろ当然なのかも。
作中に出てくる人物は、きっと、この、曖昧さを怖いって感じるんだろう、
って思ったら、急にラクになりました~。

読みやすさレベル・4  21,000語

↓ポチッとお願いしますおばけ
人気ブログランキング

続きを読む »

Danny and the Dinosaur

2009 - 06/24 [Wed] - 18:12

Danny and the Dinosaur 50th Anniversary Edition (I Can Read Book 1)

Danny and the Dinosaur 50th Anniversary Edition (I Can Read Book 1)
(1992/09/25)
Syd Hoff

商品詳細を見る

ずっと、食わず嫌いっていうか・・・。
勝手に「あんま好きじゃないかも。。」と思っていたんですが。

読んでみたら、可愛かった~♪

でも、読んでいて、結構難しいなぁ・・・って思いました。
最近は簡単な文章の方が、難しく感じます^^;
ちょっと、不思議。

読みやすさレベル・0  834語

↓宜しくお願いします絵文字名を入力してください
人気ブログランキング

The Tale of Benjamin Bunny

2009 - 06/23 [Tue] - 15:44

The Tale of Benjamin Bunny (The original Peter Rabbit books)

The Tale of Benjamin Bunny (The original Peter Rabbit books)
(1987/09)
Beatrix Potter

商品詳細を見る


The Tale of Peter Rabbitの続編です。
The Tale of Peter Rabbitで、なんてやんちゃなのかしら~、と思ったPeterが、
今回はちょっと大人しい?感じなので、それが可愛くって^^♪

この巻も好きほっこり♪stereo
正直、ピーターラビットシリーズは好きなお話ばかりなんですけどね^^

読みやすさレベル・3  1,100語

↓ぽっちっとー絵文字名を入力してください
人気ブログランキング

The Eagle of the Ninth

2009 - 06/22 [Mon] - 20:06

The Eagle of the Ninth: 1400 Headwords (Oxford Bookworms Library)

The Eagle of the Ninth: 1400 Headwords (Oxford Bookworms Library)
(2007/12/27)
Rosemary Sutcliff

商品詳細を見る


ローマ時代のイギリス。
4,000人で構成されるthe Ninth Roman Legionが忽然と姿を消した。
父親がthe Ninth Roman Legionの指揮官をしていたMarcusも、イギリスに赴くことになる。
そこで、Marcusはthe Ninth Roman Legionの象徴のthe Eagleの噂を耳にする。。

なかなか評判がいいようなので、ずーっと相互貸借をお願いしよう、
と思っていたのですが、最近GRが読み難くなってきたこともあって、
放置していました^^;

そしたら、なーんと、地元図書館に蔵書があったのですねー。
早速借りてみました。


・・・・・・。
これ、感想を書くの、難しいなぁ・・・。
多分、面白いと思うんだけど、、、

どうも、表面をさらっと撫でただけ、みたいな感じがしました。。
そして、ローマ風なんでしょうね、名前が難しいの~(T-T)

でも、男同士の友情みたいなのもあるし、
続きも気になるし、
それに、ラストもよかったですし^^

そう、面白いんだけど、薄い感じ。
きっと原書は面白いんだろうな~。

読みやすさレベル・3  15,000語

↓宜しくお願いしますムフフ
人気ブログランキング

Cipher 2

2009 - 06/21 [Sun] - 08:32

Cipher: VOL 02 (Cipher (Graphic Novels))

Cipher: VOL 02 (Cipher (Graphic Novels))
(2006/02/01)
Minako Narita

商品詳細を見る

1巻を読んでから大分間が空きましたが、やっぱり、面白いハート
あー、続きが読みたいっ。

でも、マンガは高いですよね・・・出費

ボーナスで買おうかと思っていたら、
「景気が悪いから、ボーナスが出ないらしいよ」
という、まことに恐ろしい噂が飛び交っておりますうわーん
小さい会社は辛いです。。

でも、いいのよ、これから先、ずっと多読をしていくんだから、
余裕のあるときに購入すればいいのよ・・・!
ただ、マンガは直ぐ入手困難になっちゃうらしいけどっ・・・。(ぐすん)
すでに、12巻(最終巻)は欠品なんだけど~~うわーんうわーん

↓えーん、励ましクリックお願いしますっ
人気ブログランキング


Noah's Ark

2009 - 06/20 [Sat] - 09:06

Noah's Ark (Picture Yearling Book)

Noah's Ark (Picture Yearling Book)
(1992/08/01)
Peter Spier

商品詳細を見る

文字は最初のページと最後のページに1行。
あと、詩が1ページ載っているだけで、あとは絵で語ります。

凄いです。
絵だけでここまで語れるんですよ。
ノアのお話は大筋知っているだけなのですが、
絵だけで、十分楽しめました。

あ、でも、この絵本だと、ノアが600歳って言うのは、分からないんですけどねー。
ま、そんなのは、どうでもいいんですよ。

置いていかれた動物、
水が増して、沈んでいく町、
どこまでも、どこまでも広がる水・・・。

素敵でした。
最近、文字無し絵本が楽しいです^^

読みやすさレベル・0  184語

↓ぽちっと、愛の手を肉球
人気ブログランキング

幸せのレシピ

2009 - 06/18 [Thu] - 19:09

幸せのレシピ 特別版 [DVD]

幸せのレシピ 特別版 [DVD]
(2008/10/08)
キャサリン・ゼタ=ジョーンズアーロン・エッカート

商品詳細を見る

N.Y.の高級レストランで料理長を務めるケイトは、仕事に生きるキャリアウーマン。
ある日、姉が交通事故で亡くなり、姪を引き取ることに。
時を同じくして、勤め先のレストランには、ケイトとは正反対のニックが副料理長としてやってくる。

ずーっと仕事一筋で、周りからもちょっと浮いちゃってるケイトが、
小学生の姪と暮したり、ニックの存在を気にしたり、と、
それまでの自分の築き上げた世界から、踏み出していくお話です。

派手さはないし、ストーリー展開もけっこう読めちゃうんですけど、
それでもよかったです^^

マーサの幸せレシピ [DVD]のリメイクなんだそうです。
こっちも観たい♪

ところで、幸せのレシピの中で、小学生の姪の持っていた本。
パンダの表紙で。。。
なんか、見たことがある・・・・?

・・・・・・・・・・。?。

あぁ!A to Zだ!
Panda Puzzle (A Stepping Stone Book(TM))
Panda Puzzle (A Stepping Stone Book(TM))
(2002/02/26)
Ron Roy

商品詳細を見る


A to Zはまだ読んだことがありませんが、
なんとなくパンダちゃんが印象に残っていました。
映画の中で、見知った本が出てくると、なんだか嬉しい^^

いずれ読みたいです♪

↓ぽちっとは-と
人気ブログランキング

The Magic School Bus: And the Science Fair Expedition

2009 - 06/17 [Wed] - 19:53

The Magic School Bus: And the Science Fair Expedition (The Magic School Bus)

The Magic School Bus: And the Science Fair Expedition (The Magic School Bus)
(2006/08)
Joanna Cole

商品詳細を見る

Magic School Busシリーズは、不思議なバスに乗って、
毎回1つのテーマをみていく科学絵本ですが、
これは、なんかちょっといつもと違う感じ。
というのも、今回は自然現象を掘り下げるのではなくって、
科学史、でした。

Sience Fair準備の為に科学館に歩いていったClass。
歩いていったんだから、安心でしょ、と思っていたら。。
科学館のハリボテのバスに乗って、さぁ、出発!
(表紙のバスです。屋根がないでしょー)

Copernicus → Galileo Galilei → Newton → Leeuwenhoek → Pasteur → Curie → Einstein
と、ざーっとみて行きます。
科学って、こういう目でみるんだよ、とか、
科学は積み重なっているんだよ、とか。
科学とは何か、みたいな感じで、なかなかよかったです。
あ、でも、相変わらず、絵はいただけないですけど・・・。
途中でちょっと、眠くなりましたけど・・・。

読みやすさレベル・3  3,241語

↓ポチッと、お願いします^^
人気ブログランキング

Mr. Putter and Tabby Spin the Yarn

2009 - 06/16 [Tue] - 17:58

Mr. Putter and Tabby Spin the Yarn (Mr. Putter and Tabby)

Mr. Putter and Tabby Spin the Yarn (Mr. Putter and Tabby)
(2007/10)
Cynthia Rylant

商品詳細を見る

か、かわいいっうふ

なんなんだろう、多読が進めば進むほど、
このシリーズにめろめろにされていく感じ・・・(笑)

Mr. Putterはお隣のMrs. Teaberryの役に立てることはないかなー、と考えていると、
Mrs. Teaberry が家で編み物クラブを開くことにしたの、といいます。
これは、いい機会だから、と、Mr. Putterはお茶係として、
愛猫のTabbyを連れ、Mrs. Teaberryの家に行きます。。

何が起こるかは、想像範囲内ですが。くすくす。
Tabbyの表情、可愛くってニコニコ。 横向き
こんな可愛い猫ちゃんに会ってみたいなぁ♪


読みやすさレベル・1  810語

↓お願いしますねこ
人気ブログランキング

Number the Stars

2009 - 06/15 [Mon] - 21:21

Number the Stars (A Yearling book)

Number the Stars (A Yearling book)
(1990/08/01)
Lois Lowry

商品詳細を見る


第二次世界大戦中、ナチスの占領下にあるデンマーク。
町に流れる、ナチスによる、ユダヤ人迫害の不穏な空気。
主人公は10歳のAnnemarie。
親友のEllenの家族はユダヤ人だった。。。


読んでいて、ドイツ兵に遭遇するたびに、すっごく緊張しました。

色々感想も書きたいのですが、何を書いてもネタバレになってしまいそう・・・。

Annemarieは大人たちが何をしているか、とか、
起こっている事実を全て知っているわけではないんです。
その為に、読んでいると、分からない何かがある、っていう違和感があって。
Annemarieと一緒に、霧がかかったように、行く先の見えない中を進んでいく、
そんな不安感を味わいました。

で、やっぱり、大人の私は、自分の知っている事実を使って、
何が起きているか、推測しながら読むわけなんですよ。

その為、最悪のシナリオとかを考えちゃって、余計に緊張しました・・・。

読んでいるときは、泣いたりとかしなかったんですけど、
読み終わってからが、きつかったです・・・。
色々考えちゃって。

物語について考えることも沢山あったのですが、他にも、
第二次世界大戦中は、ドイツと日本は同盟を組んでいたんだよね、とか、
ドイツの中のフツウの人々は、どんな暮らしをしていたんだろう、とか・・・。

ウィキで「第二次世界大戦」と検索してみたら、すごい長文が出てきました。(これです)
まだ、ちらっと読んだだけですが、、、
世界中で辛い思いをしたはずなのに、なぜ今も戦争はなくならないんだろう、と不思議で仕方ありません・・・。


読みやすさレベル・3  26,108語

↓いつも応援していただき、ありがとうございます星
人気ブログランキング

Flotsam

2009 - 06/14 [Sun] - 17:53

文字無し絵本です。

Flotsam (Caldecott Medal Book)

Flotsam (Caldecott Medal Book)
(2006/09/04)
David Wiesner

商品詳細を見る


先日、電車に乗って、お散歩して、
(迷子になったために、かなりの長距離お散歩になってしまいました・笑)
隣の市の図書館に行って来ました。

そこで、ずっと、読みたいと思っていたこの本に、出会ったときは、本当に嬉しかったー!


本を手にしたときの不思議なドキドキ感。
本を開いたら、きっと不思議な世界に繋がっている。
本を開く。
図書館から、海へ、時空を超えて、私は泳ぎだす。


よかったですよぉ行ってもらいました。うふ

男の子が、波打ち際で、漂流してきた水中カメラを拾って、
現像に出してみるんです。
そこには、不思議な世界が広がっているのです・・・。

最初は、不思議なものに魅了されるかんじで、ウットリしていたのですが、
最後の方は、不思議なだけじゃなくって、なんていうのかな、
胸がぎゅっとする感じになったんですけど・・・。
うまく表現できない(T-T)
語彙が不足しております・・・(えーん汗

読み終わったあとは、暫く浸ってました。
David Wiesnerさん、すごい作家さんですよね。
彼の作品はこれで4作目となりましたが、他の作品も読んでみたいです^^

↓不思議な世界はお好きですか?ぽち。
人気ブログランキング

FIREBOAT

2009 - 06/13 [Sat] - 17:11

実際、NYであったお話です。

FIREBOAT: The Heroic Adventures of the John J. Harvey (Boston Globe-Horn Book Awards (Awards))

FIREBOAT: The Heroic Adventures of the John J. Harvey (Boston Globe-Horn Book Awards (Awards))
(2002/08/05)
Maira Kalman

商品詳細を見る

1931年、N.Y.、消防艇Harvy。
消火活動をしたり、セレモニーで水を噴き上げたりと、大活躍!

時は流れて、、、
古くなり、時代遅れ、とスクラップにされることになる。
でも、ちょっと、待って!
Harvyを愛する有志で、Harvyを買い取り、修理することに。
Harvyはまた元気にN.Y.を走る。

そして、時は2001年、9月11日を迎える。
そのとき、Harvyは・・・。


図書館で読んできたのですが、泣いてしまいました涙
号泣、じゃなくて、ほろっと来る感じだったので、周りの方には気付かれていないと思いますが・・・。

イラストも語ってくれました。
それで余計ぐっときたんだと思うんですけど。。

なんだか、最近本読んで泣いてばっかりな気がします。
前はこんなに泣かなかったのに・・・。
なぜ?

読みやすさレベル・2  1,000語

↓宜しくお願いします^^
人気ブログランキング


Dog Heaven & Cat Heaven

2009 - 06/12 [Fri] - 18:08

Dog Heaven

Dog Heaven
(1995/09)
Cynthia Rylant

商品詳細を見る

(読みやすさレベル・1  500語)

ワンコたちはね、天国に行くときに、
翼なんて、いらないんだよ。

だって、神様は、ワンコは走るのが大好き、って知ってるんだもの。

Mr. Putter & Tabby(Mr. Putter and Tabby)Cobble Street CousinsのCynthia Rylantさんが、初めてイラストまで手がけた作品です。

神様が、フツーのおじさんみたいに描かれているのも、素敵です^^

ニャンコバージョンもあります。
Cat Heaven
Cat Heaven
(1997/09)
Cynthia Rylant

商品詳細を見る

(読みやすさレベル・1  300語)

ニャンコたちはね、草の中を通って天国に行くんだよ。
天国への道は、楽しいから、遅れちゃうかもしれない。


どちらの本も、暖かくって、微笑ましくって、、
自然と涙が出てくるような。。。
なんで泣けるのかな。なんだか、安心したのかも。

こういう天国に行くのなら、淋しくない、よね?

↓ぽちり、お願いします。
人気ブログランキング

Taro and the amazing bamboo shoot

2009 - 06/10 [Wed] - 19:31

出来れば、昔話も英語で読んでみたいな~、ってことで、
図書館で探してみました♪

Taro and the amazing bamboo shoot

ふしぎなたけのこ(こどものとも絵本)
(1966/09/01)
松野 正子

商品詳細を見る

(英語版は、現在アマゾンさんで取り扱いがないので、和書の方の画像を張っておきます)

誕生日に、たけのこ料理をつくってあげるから、たけのこ取ってきな~、
ってお母さんに言われたTaro、
山に入ってタケノコを掘ろうとしていたら・・・。
急にタケノコが伸びだして、Taroを乗せたまま、ぐんぐん空へ向かって上がっていってしまいます・・・。

どこまで伸びるのよ~?
ってくらい、どんどん伸びたので^^;
最後はどんな風に終わるの?と気になりました。(わくわく)

そして、この和風なイラスト、けっこう好きです^^
なんだか、愛らしいんですもの♪


図書館には、昔話の英語版は、本当に少ししかありませんでした(><)
あっても、絵が好みじゃない・・・。とか。
対訳本だったりとか。
(絵が好みじゃないと、あんまり読む気力が湧かない・・・、
対訳本だと、どうしてもラクに読めちゃう日本語に目がいっちゃうし)


希望としては、雪女とか、かぐや姫とか。浦島太郎とか、一寸法師とか?
そういう定番ものを英語で読んでみたかったんですよ。
地元図書館で蔵書が発見できなくて、残念。

昔話を英語で読むと、新鮮な気持ちで読めて、
しかも色々発見もあったりして、面白いのになー・・・。


ちなみに。
たけのこをyoung,tender bamboo shootって書いてあったのですが・・・。
「え?!bamboo食べるの?!」
って、一瞬マジびっくりしました(^^;
タケノコは「筍」であって、「竹の子」ではないんだなぁ、って、しみじみ思いました。
(分かり難い?)


↓ぽちっとお願いしますタケノコ
人気ブログランキング

The Tale of the Pie and the Patty Pan

2009 - 06/09 [Tue] - 19:44

The Tale of the Pie and the Patty Pan (The original Peter Rabbit books)

The Tale of the Pie and the Patty Pan (The original Peter Rabbit books)
(1987/09)
Beatrix Potter

商品詳細を見る

(読みやすさレベル・4  2,800語)

ネコのRibbyはイヌのDuchessをお茶に招きます。
招待状には、美味しいパイを作るから、ちゃんと食べてね、と書かれているのですが、
Duchessは「ネズミのパイを出されたら、どうしよう・・・」と、
心配で仕方ありません。

相変わらず、素晴しいイラスト♪

でもねー、本当、しょーもないことばっかり気になって、申し訳ないんですけど。
ネコのRibbyは服着てるのに、なぜイヌのDuchessは服を着ていないのよ~、
と、気になって仕方なかった・・・。

そして、ミス・ポター [DVD]を観たあとだから?
この本には白黒のイラストがあることに目がいきました。
(勿論、カラーイラストもあるんですけどね)
私が今まで読んだピーターラビットシリーズは、カラーのイラストのみ、
っていうもばっかりだった気がします。

LibriVoxの朗読は、このお話は、私が借りてきた本とは文章がちょっと違うみたいでした。
朗読の方が、短いみたいです。
あと、ちょっと早いです。。

でも、ほんと、ユーモラスなお話で、よかったですよ^^♪

↓ぽちっとお願いしますニコちゃん
人気ブログランキング

Lovable Lyle

2009 - 06/08 [Mon] - 21:20

Lovable Lyle

Lovable Lyle
(1977/04/27)
Bernard Waber

商品詳細を見る

みんなに愛されている、ワニのLyle。
幸せに暮しているのですが、
ある日、Lyleに「あんたなんか、だいっきらい」という手紙が届きます。

話の大きな流れは、以前読んだLyle, Lyle, Crocodileと同じような感じです。

大嫌い、といわれて落ち込むLyleを気遣う家族の対応が素敵でした^^

海で泳ぐLyleのイラスト、とっても可愛かった3はーと

読みやすさレベル・4  1,900語

↓いつもありがとうございます。ぽちっと絵文字名を入力してください
人気ブログランキング

Pride and Prejudiceにはまる。

2009 - 06/07 [Sun] - 08:41

いやーん、面白かったぁv

Pride and Prejudice: 2500 Headwords (Oxford Bookworms Library)

Pride and Prejudice: 2500 Headwords (Oxford Bookworms Library)
(2007/12/20)
Jane Austen

商品詳細を見る

(読みやすさレベル・5  27,000語)

以前、プライドと偏見 [DVD]を観たときにも、(過去記事はこちら
面白い~!きれい~!
とはまったのですが、GRも面白かったですは-と

読み始めは、丁度忙しくて、あまり読む時間が取れなかったので、
「きー、もっと読みたいのに~!」
と仕事中イライラして^^;
終わりのほうは、
「まだ読みたいのに、もう、おわっちゃう~(T-T)」
と、がっつりハマってました。

原作は、約200年前に書かれました。
一言で言えば、「婿探し」物語ですねー。

長くなりそうなので、先にぽちっと↓お願いします^^;
人気ブログランキング


続きを読む »

Little Bear's Visit (再読)

2009 - 06/06 [Sat] - 14:06

Little Bear's Visit (I Can Read Book 1)

Little Bear's Visit (I Can Read Book 1)
(1979/12/19)
Else Holmelund Minarik

商品詳細を見る


Father Bear Comes Homeを読んだときに、
「・・・・・・なんで、Little Bearだけ服着てないんだろ・・・・」って、気になりました。

あ~、でも、なんだか、理由を読んだ気がする~(でも、大した理由じゃなかったと思う)

ってことで、再読してみることにしたのですが、
この本にはなんで服着てないかは、のってなかったです^^;

でも、いいんです。
この本、Littele Bearシリーズの中でも、一番すきなんですうふ
ずーっと、にこにこしながら読みました^^♪

読みやすさレベル・1  1,399語

↓宜しくお願いしますこりらっクマ♪
人気ブログランキング

クリック募金

2009 - 06/05 [Fri] - 11:16

左のサイドバーに、クリック募金のバナー貼ってみました。

↓コレです。
クリックで救える命がある。

1クリックすると、NPO団体に1円寄付されます。
クリックしている人には請求がかからないので、ぜひクリックしていってください福助

前々から、気になっていたのですが、
中々実行に移せなかったです・・・。
登録も必要ないので、ただバナーを貼るだけなのに・・・。

世界から、悲しい気持ちが少しでも少なくなりますように。
笑顔が増えますように。

私に出来ることは、少しですが、
でも、出来ることはお手伝いしたい、そう思っています。

The Tale of Jemima Puddle-Duck

2009 - 06/04 [Thu] - 21:00

LibriVoxで聴きました^^
The Tale of Jemima Puddle-Duck (The original Peter Rabbit books)

The Tale of Jemima Puddle-Duck (The original Peter Rabbit books)
(1987/09)
Beatrix Potter

商品詳細を見る

(これもミス・ポター [DVD]に出てきました♪)

こちらは、ちゃんと絵本も読みました。
読むの、何回目だろう?
私、ピーターラビットシリーズって、意外と何度も読んでいるんですよね。

で、My Humorous Japanを読んで、英国流Humorに触れたせいか、
あちこちに散りばめられたBeatrix Potterの英国Humorに触れたような気がしました。

表紙のイラストも好きなんですけど、
空を飛んでいるイラストが、なんだかとっても好きです^^

あと、作中にハーブが出てくるのですが、
イギリスではハーブが生活に密着しているんだなぁ、ってしみじみ思いました。


読みやすさレベル・4  1,258語

↓ぽちっとお願いいたしますあひる
人気ブログランキング

読み聞かせ♪英語絵本

2009 - 06/03 [Wed] - 20:09

実は、私、子どもがいるのです。(年長さんです)

彼女に英語絵本を読んであげようと思うと、
「英語じゃなに言ってるか分からないから、イヤ怒
っとキッパリ拒絶されるようになり。。。

面倒くs 無理強いすることもないか、と、
英語の読み聞かせからは、遠のいていきましたi-mode絵文字風・汗

が、酒井先生のさよなら英文法! 多読が育てる英語力を読んでから、
なんとんなく、再開してみようかなー、と言う気持ちになりまして。。
(本当に子どもは数十万語で溢れるのか、実験してみたいのです)

続きを読む »

The Tale of Two Bad Mice

2009 - 06/02 [Tue] - 19:48

ミス・ポター [DVD]を観てから、ピーターラビット熱が高まり、
Dillさんのブログで以前紹介されていたLibriVoxを利用し、色々聴いていました。

でも、やっぱり、テキスト無しで聴くのはまだまだ難しいです^^;

でも、そんな中で、聴きやすいなー、って思ったのがこれ↓です。
The Tale of Two Bad Mice (Beatrix Potter Paperbacks)

The Tale of Two Bad Mice (Beatrix Potter Paperbacks)
(1987/09)
Beatrix Potter

商品詳細を見る

(ミス・ポターの中にもこのお話は出てきました^^)

この絵本は過去に何回か読んでいるので、それで聴きやすいって言うのもあると思うのですが、
この朗読をされている方(男性)が、本当に上手なんです。
奥行きの感じる読み方とか、間の取りかたとかは-と
「これが読み聞かせなのね~(うっとり)」
と、聞き惚れております。

実はまだ聴いただけで、再読はしていないので^^;
また美しいイラストを堪能したいです♪

↓ぽちり、とお願いいたしますうさぎ
人気ブログランキング

人気ブログランキング、ただいま24位!
ブログタイトルの横に銀色のカップがつきました^^
ビックリ、かつ、嬉しくって、小躍りしておりますひゃっほぅ

応援してくださる皆様、本当にありがとうございます福助

Peter Spier's Rain

2009 - 06/01 [Mon] - 19:27

もうじき梅雨ですね~。
Peter Spier's Rain

Peter Spier's Rain
(1999/10)
Peter Spier

商品詳細を見る


文字無し絵本です。

文字はないけれど、絵で語ってくれます♪
こういう家族に憧れます^^


↓お願いいたします傘きいろ2
人気ブログランキング

 | HOME | 

ブログ内検索

クリック募金

クリックで救える命がある。

おおきくなぁれ♪

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

カテゴリー

読了本(種類別)

月別アーカイブ

amazon

お気に入りです

ブログランキング

★ランキング★

プロフィール

リッカ

Author:リッカ
読了本の紹介や思ったことを綴っています。

2007年11月より多読をスタート。
2008年10月 100万語通過。
2009年 6月 200万語通過。
2010年 3月 300万語通過。

300万語通過以降、カウント停止。


多読とは、
1・辞書は引かない
2・わからないところはとばす
3・つまらなくなったらやめる
を原則として、
簡単な本を沢山読む、というものです。

なお、読みやすさレベル、語数はSSSさんの書評システムを参考にさせていただいております。

コメントは歓迎しておりますが、
記事に関係のないコメント・トラックバックは削除することがありますので、ご了承下さい。

多読始めはここから

リンク

☆リンク☆

RSSフィード

本選びの参考に

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。