洋書メイン、和書も読む(^-^)つまり、単なる本好き♪

  さぁ、楽しい洋書の時間だぞ♪のナビゲーター   トップページ > 2009年02月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピーターラビットのDVD

2009 - 02/26 [Thu] - 19:58

ピーターラビットとなかまたち DVD-BOX

ピーターラビットとなかまたち DVD-BOX
(2008/02/08)
ニーブ・キューサック.檀ふみ

商品詳細を見る

ピーターラビットのDVD借りてきています。
このDVD BOXのDisc 1になるのかなー。
・ピーターラビットとベンジャミンバニーのおはなし
・グロースターの仕たて屋のおはなし
・ティギーおばさんとジェレミー・フィッシャーどんのおはなし
3話が入っているやつです。

絵本のお話だけがアニメになっているのかと思ったら、アニメの最初に実写でBeatrix Potterが友人の子どもに手紙を送る、そんなドラマがちょっと入っています。
時代を感じるドラマで、私は意外と好きでした。

英語は、多分イギリス英語です。
リスニング素材として考えるなら、「Hello!オズワルド」より難しく感じました。

ピーターのお母さんが、私の想像の中では「ママ」って感じだったのに、DVDでは「かあちゃん」ぽかったのが、とっても意外だったのですが、
でも、「かあちゃん」ぽい感じのほうが、しっくりくるかもしれない!
なんて、一人で興奮してみましたー。

字幕なし、英語音声で観ていたのですが、意外なことに娘が!
娘が食い入るように観ていたんですよ。
なんだか、はらはらしながら観ていたようです。

私は↓こっちも観たいな^^
ミス・ポター (初回限定生産 特製パッケージ) [DVD]
ミス・ポター (初回限定生産 特製パッケージ) [DVD]
(2008/02/08)
レニー・ゼルウィガー.ユアン・マクレガー.エミリー・ワトソン.ビル・パターソン.バーバラ・フリン

商品詳細を見る



↓お願いします♪
人気ブログランキング

スポンサーサイト

たまには和書。

2009 - 02/25 [Wed] - 22:54

以前から、いつかは読んでみようと思っていた本にチャレンジしたのですが、どうも上手くのれないので、投げることとしました。
面白いかなー、わくわく、
と期待しながら手に取った本だったので、ちょっと、ショック。

まぁ、また、気が向いたら、チャレンジしてみます・・・。

で、ちょっと失意気味。そして疲れが溜まっているのか、なんとなく、洋書を読む気分になれなかったので、和書を読んでいます。
和書は多読開始後、凄く読む量が減りましたが、未だにずっと読まないでいると、そわそわするので(笑)
たまに読んでいます。
といっても、これはちょっと異色かなw
科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学

科学の国のアリス―入門!ニュートン物理学
(2005/05)
福江 純

商品詳細を見る

あと、10ページくらいで読み終わります。
物理って、面白いー^^

あくまで、入門書なので、ざらっと流して書いてあるだけですが、私にはこのくらいで、十分です。
これ以上いくと、脳がぷすぷす言いそうなので^^;

各章の導入部分に「不思議の国のアリス」の原文が少しだけ載っていました。
アリスってナンセンスなことを言っている分、常識で読もうとすると、全く分からなくって、難しい。
いつか原文も読める日が来るのかな・・・。
なんて思いました。
そんな日が来るのが楽しみです♪

さて、あと10ページくらいなので、今から読みきっちゃおうと思います^^
同じ著者でアインシュタインの宿題 (知恵の森文庫)という本もあるようで、こちらも是非読みたいところです。
でも、やっぱり難しいかしら~??
読んでみて、難しかったら、遠慮なく投げることにしましょう・・・。

↓ぽちっと^^
人気ブログランキング


たまには、和書を紹介するのも、ありかなー?なんて、少し緊張してしまいましたー。。
洋書の話じゃなくて申し訳ないです。

おすすめです

2009 - 02/24 [Tue] - 18:26

The Gardener

The Gardener
(2004/07/01)
Sarah Stewart

商品詳細を見る


やられました。
この絵本、すっごく、いい!!

手紙形式で話が進みます。
手紙と言っても、メモ書きくらいの短いもので、主人公のLydiaが書いたものです。
(なかみ検索できますので、よかったら見てくださいね^^♪)
手紙の日付が1935年になっていますが、
アメリカにおける世界恐慌のピークが1932年後半から1933年春なんだそうです。(Wikipediaより)

そんな世界恐慌の影響から抜け切れていないであろう年に、お父さんが職を失い、家族と離れ、都会でパン屋を営むおじさんと暮らすことになるLydia。
本当はね、淋しいと思うんだよ。
おじさんって言うだけで、よく知らない人と、知らない土地で暮す。
どんなに不安だろう。
なのに、Lydiaの手紙からは、不安とかそういう重い気持ちは感じられなくって、逆に前向きに生きている感じがする。
絵とマッチして、短い手紙なのに、本当に色々な気持ちが伝わってきました。

ちょうど今、世間は不況真っ只中ですね。
どこが底なのか分かりませんが、そう簡単には抜け出せないでしょうねぇ・・・。
娘のクラスの子も、国に帰られるそうで、、最後の登園日には、帰りにお母さんと先生が大泣きしていました。
もらい泣きしてきたんですけど・・・。

今の状況と、絵本の世界がかぶって、
読んでいる間、なんとなくしんみり、でも暖かな気持ちにりました。
地味な作品かも知れませんが、是非読んでみていただきたい1冊です。

読みやすさレベル・2  1,075語

↓ありがとうございます♪
人気ブログランキング


Capital Mysteries #2

2009 - 02/22 [Sun] - 20:25

Kidnapped at the Capital (Capital Mysteries)

Kidnapped at the Capital (Capital Mysteries)
(2002/03)
Ron Roy

商品詳細を見る

A to Zの作者によるCapital Mysteriesシリーズの2冊目です。

タイトルと表紙から、主人公のKCが誘拐されちゃうのかなー、と思っていたら、違いました。
私そういう勘違い、多いですi-mode絵文字風・汗

前作Who Cloned the President? (Capital Mysteries)で大統領と知り合いになったKCとMarshallは、KCのお母さんと共に、大統領からCherry Blossom Feastivalへの招待を受ける。
そして、KCとMarshallがアイスを買いに行っている間に、お母さんと大統領が消えてしまった!

えー、今回、流石にそれは無理でしょー、と思いました。。
でもねー、KCの行動力と、Marshallの優しさとか、おばさんは感心したよ。
えらい!

ワシントンDCが舞台となって、話が進んで行くわけですが、
このシリーズ、アメリカの暮らしが覗けるような感じがします。
他の児童書でも、勿論生活は覗けるのですが、
大統領が出てきたりするせいか、このシリーズの方がなんとなく、発見が多いような気がするんですよね。

今回のラスト、これからの展開が気になるような終わり方でした・・・。
あぁ、また、お財布が軽くなります(笑)
読みたい本がある限り、私の多読は続いていくでしょうから、嬉しい限りです。

で、前作から気になっていたのですが、表紙のイラストと、中身のイラスト、明らかに違うんですけど・・・。
なんで??
中身は、全然違う印象のイラストです。
もっと、マンガみたいな絵って言えばいいのかな。
Marvinくんのときも表紙と、中身のイラストがちがうじゃん!って思ったのですが、
こういうのって、珍しくないのかなぁ??
日本じゃ、ほとんどないように思うのですが。
どうなんでしょう。

読みやすさレベル・3  6,915語

↓お願いします^^
人気ブログランキング

三匹のこぶた?

2009 - 02/21 [Sat] - 19:47

The True Story of the 3 Little Pigs

The True Story of the 3 Little Pigs
(1996/03)
Jon Scieszka

商品詳細を見る

読みやすさレベル・2  858語

3匹の子豚、大人になってから読んだら、なんだかオオカミが可哀想な気がしたんですよね。

そんな、オオカからの視点で書かれた絵本です。
表紙にあるように、新聞記事にオオカミが語った、そんなお話。

オオカミはただ、コブタの家に砂糖を借りに行っただけらしいですよ?
ただの、事故、何ですってよ?

物事は、いろいろな方向から見ると、全く違ったお話になったりしますよね。
ちょっと、教訓的な気もします。

こういうのもあるんですね。
The Three Little Wolves and the Big Bad Pig
The Three Little Wolves and the Big Bad Pig
(1997/06)
Eugene Trivizas

商品詳細を見る


こっちのレビューを読んでいると、ついポチっといきそうな自分が怖い・・・。
読みやすさレベル・2  1,253語、だそうです。

読み比べるのも、面白いかもしれないです!

↓ぽちっ、とー
人気ブログランキング

Good Night,Owl!

2009 - 02/20 [Fri] - 18:03

Good-Night, Owl!

Good-Night, Owl!
(1990/05)
Pat Hutchins

商品詳細を見る


Titchの作家さんの作品です。

Owlは寝ようとするんだけど、眠いのに、周りに他の鳥や動物がやってきて、、、
うるさくて、眠れない!!

そんな、お話です。
話は繰り返しで、読みやすいです。

この絵を見れば、英語が分からなくても、どんなお話なのか、分かっちゃうんだと思う。
久しぶりに娘と一緒に読んだら、すんなり入ってくれました。
イラストの力かなぁ?
あ、でも、色々な鳥が出てくるのですが、
絵を見ても種類が分からないので、全部「鳥」で通しましたが。

最近は、娘も大きくなったせいか、お話の中身も聞いているようで、
内容が取れないような英語の本は、あんまり聞いてくれなくなりました。
(ほとんどの本が当てはまっちゃううんですが。。)

実は子どもに英語を教えることに関しては、そんなに熱心じゃないのですが、
久しぶりに一緒に英語の本を楽しむことが出来て、嬉しかったです。

こういう本がもっと沢山あればいいのになー。
そうすれば、分からなくても聞いてくれてー、
いつの間にかストーリーのある絵本が読めるようになるのになー。
なぁんて、思いました。

ものっすごーく、費用がかかりそうですけど(笑)

読みやすさレベル・0  180語

↓お願いします♪
人気ブログランキング



氷河時代

2009 - 02/19 [Thu] - 20:13

Sabertooths and the Ice Age: A Nonfiction Companion to Sunset of the Sabertooth (Magic Tree House Research Guide)

Sabertooths and the Ice Age: A Nonfiction Companion to Sunset of the Sabertooth (Magic Tree House Research Guide)
(2005/02)
Mary Pope OsborneNatalie Pope Boyce

商品詳細を見る


Sunset of the Sabertooth (Magic Tree House)を読んだときに、
「リサーチガイドも読もううふ
と思ったんです。

氷河時代のことって、ほとんど知らなかったので。。
面白かったです^^

氷河期の絶滅動物も紹介されていますが、大きさがよく分からなかった・・・。
単位が違うって、不便だ。。
ただ、とっても大きいのね、くらいで。
でも、興味深いです。おもしろい。

娘が小学生になったら、薦めてみよう!と思ったのですが、
どうやら、邦訳はないみたいなんですよねぇ・・・無言、汗
残念。。


読みやすさレベル・3  5,130語

↓知識が増えるのって、嬉しいですheart0
人気ブログランキング

デルトラシリーズ#1

2009 - 02/18 [Wed] - 20:01

図書館よりお借りしました。
The Forests of Silence (Deltora Quest)

The Forests of Silence (Deltora Quest)
(2007/05)
Emily Rodda

商品詳細を見る

シマウマ読み?しましたー
私、昔から邦訳って、すっごい苦手で。
デルトラ・クエスト〈1〉沈黙の森、楽しめるか不安だったのですが、、、
結構面白いんですね♪
(でも、やっぱり邦訳は苦手なのでー、相当流してましたけど^^;)


デルトラ国家は、7つの宝石が付いたベルトを守ってきた。
しかし、徐々に力を失った王家は、影の大王にベルトを奪われてしまう。
散り散りになってしまった宝石を再びベルトに戻すべく、冒険が始まる・・・!

そんな、冒険モノです。
面白かったけど、、、難しかった~!
難しい単語が多かったですが、飛ばして、とばしてー。
それでも、面白いって思えるのは、展開が速いから??
シマウマ読みしたから?
よく分からないですが。
面白かったです!

返却期限内に読みきれるか、すっごい不安でしたが、大丈夫でした^^♪
よかったーホっ

読みやすさレベル・5  26,803語

↓ぽちっとー♪
人気ブログランキング

コーギーの絵本

2009 - 02/17 [Tue] - 19:15

Corgiville Fair

Corgiville Fair
(1998/04)
Tasha Tudor

商品詳細を見る

この絵本、何故か、読みみくく感じるんですよねー・・・。
最初の部分が苦手。
話にのれるようになるまでに、他の絵本より長くかかった気がします。
話も意外と長いですしねー。


Corgivillは、コーギー犬、ネコ、ウサギ、ボガード(スウェーデンのtroll)が暮す村。
皆が楽しみにしているのは、村のお祭り!
お祭りで行われるヤギレースに向けて、コーギーのCalebは準備を怠りません。
でも、ネコのEdgerが邪魔をしてきそうで・・・。


この絵が好き。可愛い~♪
コーギーが寝ている絵があるのですが、たまりません!

この本は、3部作の最初のお話だそうです。
読みにくい!とかいいながら、絵も可愛いし、続きもよみたいなー♪なんて思ってます^^

読みやすさレベル・2  2,100語

↓コーギーは、後姿がめっちゃ可愛いっす☆ぽちっ
人気ブログランキング

お父さん

2009 - 02/16 [Mon] - 10:20

難しめの本を読んだ後は、簡単な本が恋しいっ。

My Dad

My Dad
(2004/05)
Anthony Browne

商品詳細を見る

小さい頃って、お父さんって本当に偉大な存在ですよね。
大好きで、なんでも出来て、かっこいい。

そんなお父さんの絵本です。

あー、なんだか懐かしい気分になりました。

読みやすさレベル・0  145語

↓ぽち☆おねがいしまーす
人気ブログランキング

不思議・・・。

2009 - 02/15 [Sun] - 12:43

ほんと、不思議だなぁ。って思いました。
何がって、多読?
ただ、読めるところから、ちょっとづつ、簡単なものを読んできただけなのにー。

最近は、YL3くらいまでの本ばっか読んでいたのです。
YL3くらいが丁度ストレスもなく読めるような感じで楽だったし。
そして、このレベルには、読みたい本がたーっぷりあるので、
最近は「早くペーパーバッグを読めるようになりたい!」とか思わなくなってたんですけど。

まぁ、たまには撃沈するのもいっかー、と手を出しました。
Charlie and the Great Glass Elevator: The Further Adventures of Charlie Bucket and Willy Wonka, Chocolate-maker Extraordinary

Charlie and the Great Glass Elevator: The Further Adventures of Charlie Bucket and Willy Wonka, Chocolate-maker Extraordinary
(2007/08/16)
Roald Dahl

商品詳細を見る

・・・・・・読めました。
なんで私読めるの?!って、自分で凄く不思議に思いました・・・。
うん。Dahlは読みやすいですしね。

Charlie and the Chocolate Factoryの続編です。
今回はエレベーターに乗って、宇宙まで行っちゃうし、色々どたばたな展開です。
前半は宇宙に居て、後半はチョコレート工場でのお話。

続きを読む »

Time of Wonder

2009 - 02/14 [Sat] - 18:33

Time of Wonder (Viking Kestrel Picture Books)

Time of Wonder (Viking Kestrel Picture Books)
(1957/12)
Robert McCloskey

商品詳細を見る

図書館よりお借りしています。
返却期限が近づいてきたので、、、
思い切って、読むとこにしました。

過去に、何度も投げてます。
絵は綺麗なんですけど、難しいんですよねぇ・・・。


夏を海辺の家で過ごす家族のお話です。
優しく、美しく、そして時には厳しい自然の様子が描かれています。

淡々と、と言うのかな。静かに語られていく感じです。
詩的な印象を受けました。
この、選ばれた言葉を使って、静かに心にしみこませて行くような、そんな文章が、、、
難しくって(T-T)

疲れているときに読んだら、絶対寝るでしょうね~
(過去に実際寝ましたもん)

これが心に染みるように読めたら、私も英語と仲良しになれたわ^^っていえそうな気がするので・・・。
また、もっと多読が進んだ後に再会したい、そんな絵本でした。

読みやすさレベル・4  2,117語

↓お願いします♪
人気ブログランキング




Magic Tree House #8

2009 - 02/13 [Fri] - 20:17

Midnight on the Moon (Magic Tree House)

Midnight on the Moon (Magic Tree House)
(1996/11)
Mary Pope Osborne

商品詳細を見る

今回、月に行っちゃいました。
読む前から、どうやって月に行くのだ、と気になっていたのですが、そういうことか・・・。

一応、5~8巻のナゾは解けました。
予想通りでしたー。

今回は特に「へぇ」と思うところもなかったので、ちょっと残念でした・・。
というか。「おいおい」って突っ込みたくなるところが多かったです。
だんだん面白くなってきているような、そうでもないような・・・?
きっと、テーマによって、面白さが変わるんでしょうね。
先にリサーチガイド読んじゃったのも、いけなかったのかも?
リサーチガイドは後で読んだ方がいいような気がしました。

↓ポチッとお願いします^^
人気ブログランキング

Round the World in Eighty Days (PGR5)

2009 - 02/12 [Thu] - 21:31

今度は、PGR5で読んでみました。
Round the World in Eighty Days (Penguin Reading Lab, Level 5)

Round the World in Eighty Days (Penguin Reading Lab, Level 5)
(2000/02/15)
PenguinH. E. Palmer

商品詳細を見る

PGR2と比べると、語数は約4倍になっています。
なので、PGR2には書かれていなかったエピソードがあったりして、楽しんで読むことが出来ました。

実は、レベル5を読むことに多少の不安があったので、先にレベル2を読んだのですが、
意外と普通に読めました。レベル5。
あ、勿論分からないなーって所もあったんですけど。
やっぱり、面白かったからかしら。

これ、よかったです。
登場人物が皆魅力的だし、それに主人公のMr.Fogg 素敵過ぎるんですけど~3はーと
無口で常に冷静、一見冷たい人間のようでいて、かなり優しい英国紳士。
しかも、頭の回転が速いんです。
・・・・・・かっこよすぎません??

しかも、世界一周を80日間で出来るかって賭けをした、その日に、小さな荷物を持って直ぐに旅に出るフットワークの軽さ。

今から100年以上前に書かれた本だというのに、色あせない面白さ。
本当に楽しませていただきましたうふ
当時の世界の様子なんかも分かって、面白かったです。
日本も出てきますしねー。

読みやすさレベル・5  34,000語

↓愛の手を♪
人気ブログランキング

PGR5、意外と読めたってことは・・・。
読みたいと思っていた古典のGR、結構読めるのが増えてきたかも?!
なーんて、わくわくしてますにっこり



Round the World in Eibhty Days

2009 - 02/11 [Wed] - 19:29

BurninghamさんのAround the World in Eighty Daysを読んでいたら、無性に読みたくなりました。

Round the World in Eighty Days (Penguin Readers, Level 2)

Round the World in Eighty Days (Penguin Readers, Level 2)
(2001/01/22)
Jules Verne

商品詳細を見る


まだ飛行機はない時代、旅行の手段と言えば、船と鉄道だった頃。
イギリス人のMr.Foggは、仲間と80日間で世界一周できるか、賭けをする。
いろいろなハプニングが起こる中、約束の時間に間に合うのか?!

邦訳は八十日間世界一周 (岩波文庫)、原書はフランス語(のはず)です。
邦訳を読んだことはないのですが、以前姪のミュージカルのテーマが「80日間世界一周」で、あらすじだけざらっと、観て来ました。
やっぱり、邦訳を元につくったミュージカルだと思うのですが、英語で読んでいたら、なんとなく、印象が違いました。
言葉って、不思議だなぁ・・・。

でも、やっぱり、世界一周するお話を、8,400語で語るのはちょっと、無理がありますねー。
ざっくり、あらすじのみ、な感じです。
でも、ずっと読んでみたかった作品ですし、さくさく読めるし、面白かったです。

読みやすさレベル・2  8,400語

↓ぽちっとお願いします^^
人気ブログランキング

落札しましたー

2009 - 02/10 [Tue] - 13:46

また、未読本が増えましたi-mode絵文字風・汗
MTH
MTH、18冊。ヤフオクで落としましたー。

8巻以降、買うか、図書館にリクエスト出すか、ものっすごい悩んだんですけど。
オークションと言う結果となりましたー。

Magic Tree Houseは、私にとっては、迷わず購入、と言うほどではないけれど、
でも、出来れば読みたいシリーズ、そのくらいの位置づけなんです。

多分、図書館に蔵書があれば、購入はしなかったと思います。

リクエスト出すことも考えたのですが、なにしろ巻数が多いので・・・。
リクエスト出し続けるのも、(面倒くさがりーな私には)大変そう。

で、悩んでたわけですが、、
今回、たまたま比較的低価格で落札できたので、一応解決です。
(送料込みでほぼ半額でした)

でも、この18冊、途中飛び飛びだったりするので、また少し買い足さなきゃいけないですけどね^^;

続きを読む »

John Burninghamさんの旅行の絵本です

2009 - 02/09 [Mon] - 19:14

図書館よりお借りしています。

Around the World in Eighty Days
本
図書館サイトでJohn Burninghamを検索したら、 Around the World in Eighty Daysと出てきたので、すっごい勝手にAround the World in 80 Days (Puffin Classics)のretold版かと思って予約したら・・・。
違いました~。

John Burningham さんが本当に80日間で世界一周したようで、その記録なんですねー。

なので、物語性はないんですが、John Burningham さんのイラストを堪能させていただきました。
世界一周。憧れますうふ

読みやすさレベル・2  1,500語

↓お願いします☆
人気ブログランキング

Davidシリーズ

2009 - 02/08 [Sun] - 12:00

図書館にて、読んできました。

No, David! (Caldecott Honor Book)

No, David! (Caldecott Honor Book)
(1998/09)
David Shannon

商品詳細を見る
読みやすさレベル・0.2  60語

Davidのすることに、ママはいつも「No!」
ぃやー、ママの気持ちわかります。
一緒に「No!」って思わず言いたくなります。

David Goes to School (David)
David Goes to School (David)
(1999/08)
David Shannon

商品詳細を見る

読みやすさレベル・0.4  73語

いたずらっこDavid、ついに学校に行っちゃいます。
あー、こういう男の子、いたなぁ・・・。
なんて思いながら、眺めてきました。


David Gets in Trouble (David)
David Gets in Trouble (David)
(2002/09/01)
David Shannon

商品詳細を見る

読みやすさレベル・0.6  65語

ついにDavidがしゃべりましたー。
いつもNo!って言われているDavidの言い訳集ですねー^^;
気持ち、すっごい分かるけどね笑


Davidシリーズ、どれもラストがいいです。
ほんわり暖かくて。

あと、Davidがオムツをしているころのお話も読んできました。
こっちのシリーズはボードブックで、さらに簡単な英語です。
Oops! (Diaper David)
(2005/02)
David Shannon

商品詳細を見る

Oh, David! (Diaper David)
(2005/02)
David Shannon

商品詳細を見る

なんか、娘がちびこだった頃を思い出しましたー

↓おしてやってください~
人気ブログランキング

Summer Party

2009 - 02/07 [Sat] - 17:03

久しぶりのCobble Street Cousinsシリーズ^^

Summer Party (Cobble Street Cousins)

Summer Party (Cobble Street Cousins)
(2002/06/01)
Cynthia Rylant

商品詳細を見る


両親がバレエのワールドツアーに出かけている1年、3人の従姉妹はLucy叔母さんの家で暮しています。
いよいよ、その1年にも終わりがやってきて、3人の従姉妹たちに淋しさが漂います。

Cobble Street Cousinsシリーズは、全部で6冊。
これが5巻です。
とっても可愛らしくって、ほんわかしていて大好きなシリーズです。
なので、読み終わっちゃうのが勿体無くて、なんだか気分的に凹んでいる日に、暖かさをもらうために、ちまちま読んできました。

今回、電車の中で読んでいたのですが、、、、
ちょっと泣いてしまった泣
(たぶん、物凄く疲れていたからだと思いますが・・・)

1巻からずっと読んできて、私もCobble Street Cousinsとお別れするのは淋しいです。。
残り、一冊。
勿体無いけど、今、無性に読みたかったりします・・・。

読みやすさレベル・2  2,943語

↓ぽちっと
人気ブログランキング

余談ですが、ケータイを変えたら(しかも他社ケータイにしたのです)、使い方がサッパリわからないんですけど( ̄▽ ̄;
あぁ、困ったなぁ・・・。

図書館へ。

2009 - 02/06 [Fri] - 21:24

他の市町村の図書館に行ってきました^^
英語多読者向け図書館・書店マップVer.2にのっている図書館です。
行くのは3度目ですが、過去2回は娘も一緒だったので、ちょっと立ち寄った、そんな感じでゆっくり見ることは出来ませんでした。
が、今回は一人で行ってきたので♪
好きなだけ、たっぷりとー♪

・・・・・・・。
と言いたいですが、所用があったため、2時間半くらいの滞在となりました。


図書館で閲覧するというのは初めての経験でした。
最初、なんだか落ち着かなかったのですが、だんだん慣れてきて、
あっという間の、2時間半でした。

絵本を15冊、読んできましたー。

この図書館、偶々夫の職場の隣にあります。
図書館に着いたとき、
「迷子にならずにちゃんと着いたよ^^♪」
とメールをしておいたら、昼休みにわざわざ時間をとって、図書館まで来てくれました。
彼は英語嫌いですが、二人でちょっと、洋書を眺めたのでした。

妻の趣味(多読)に理解のある夫で、本当に感謝しています。
いつも本当にありがとう。

↓ぽちっとお願いします☆
人気ブログランキング



イラストが美しい^^

2009 - 02/05 [Thu] - 22:03

ピーターラビットシリーズの1冊です。

The Tailor of Gloucester (The World of Beatrix Potter)

The Tailor of Gloucester (The World of Beatrix Potter)
(2002/09)
Beatrix Potter

商品詳細を見る

読みやすさレベル・4  2,700語

貧しい仕立て屋がおりました。
彼は市長の結婚式用の服の仕立てを頼まれておりました。
しかし、仕上がる前に、病気になって、寝込んでしまいました・・・。

そこで、表紙のネズミさんたちが活躍するわけですが。

難しい、ですねー。

ピーターラビットシリーズは、どれも難しい感じがします。
でも、本当に、挿絵が綺麗。
出てくる動物たちも、生き生きとしていて、本当にどこかにいるんじゃないのー?って思うほどです。
そんな挿絵に助けられながら、読んでます。

これは仕立て屋さんのお話なので、洋服のイラストがあるのですが、本当に美しい!
話が難しいなぁ、と思ったので、途中で投げようかな、と思ったのですが、
挿絵だけでも、見たいなー。
どんな場面なのかなぁ??  
なんて思いながら、挿絵見たさに読了。


Dillさんのところで、無料の音源とテキストが紹介されていますので、よろしければ、美しい仕立て屋さんの世界をご堪能下さい^^

↓ランキング参加中。ぽちりとお願いしまーす:-)
人気ブログランキング

純愛GR

2009 - 02/04 [Wed] - 18:34

久々のGR、な気がします。
Two Lives: Level 3 (Cambridge English Readers)

Two Lives: Level 3 (Cambridge English Readers)
(2001/04)
Helen Naylor

商品詳細を見る


第二次世界大戦中のイギリス。炭鉱の町。
16歳のHuwとMeganは恋をした。
でも、それは、周りには秘密の恋。
きっとMeganのお父さんは、二人の仲に反対するだろう。
でも、時が来たら、二人は結婚したいと、願っていた。

そしてそれから50年。
二人は66歳になり、それぞれの人生を歩んでいたのだが・・・。

面白かったですよー。
続きが気になるのでサクサク読めます。
ただ、私としては、一番深く読みたいところが、凄くアッサリ書かれていたのでちょっと残念。

66歳の恋愛、そういうところも興味深かったです。
素敵でした。
子どもが66歳のお母さんの恋愛を応援するっていうのも、いいなぁ、って思いました♪

読みやすさレベル・3  14,358語

↓お願いします^^
人気ブログランキング

なんでかなー

2009 - 02/03 [Tue] - 18:30

何故か、急に、キリン読み? 背伸びがしたくなりました。
ずーっと、児童書とか絵本を読んでいたら、大人向けの本が恋しくなったのでした。

なので、先週末、本屋さんに駆け込みました。
Big Fishにするか、The Princess Diaries にするか、悩みました~。
お財布が軽くなければ、両方買うのになぁ・・・。
と、悩んでいたのですよ笑

で、結構悩んで、買ったのが、こちら。
100 Simple Secrets of Happy People: What Scientists Have Learned and How You Can Use It (100 Simple Secrets)

100 Simple Secrets of Happy People: What Scientists Have Learned and How You Can Use It (100 Simple Secrets)
(2006/11)
David Niven

商品詳細を見る


なんで、これを買ってきたかは、自分でも、謎。

本当に、ナゾ。

タイトル通り、心理学者が語る、ハッピーに生きる100個の方法が書かれています。
1つのタイトルに1~2ページ程度です。

多分、一気読みしたら、飽きるでしょうねー。
(いや、きっと眠くなると思う・・・)

なので、ちまちま、読んでます。
意外と、分かりやすい英文。

「なぁるほどねー」
と思ったり。

「・・・・・・で?」
と思ったり。

それは色々ですが。

気が向くときに、無理せず読んでいこうと思います。

↓ご協力お願いします^^♪
人気ブログランキング

The Secrets of Droon 2

2009 - 02/02 [Mon] - 18:30

じつは、このシリーズ、パック買いしてたのです。

Journey to the Volcano Palace (Secrets of Droon, 2)

Journey to the Volcano Palace (Secrets of Droon, 2)
(1999/06)
Tony Abbott

商品詳細を見る


パック買いしたのに~。1巻読んだときに、「?」って思ったんですよ。
あー、もしかして、失敗した? ^^; って。。
で、悔しかったので(笑)、普段はしないのですが、間隔をあまり開けずに次の巻に手を出しました。

Ericの家の地下室が、不思議な国Droonに繋がっていて、
親友のNealとJulieと共にDroonに行き、
Droonのお姫様Keeahたちと共に不思議な冒険をするのですが。

展開が速いんですよー。
そして、語数が少ないので、気付けば終わってる。
それが多分1巻で「あれ?」って思った原因じゃないかと・・・。

2巻は、1巻よりよかったです。
Droonの秘密が、ちょっとづつ、明らかになっていくんだろうなー、そんな感じです。

読みやすさレベル・3~4  7,600語

↓ぽち3はーと
人気ブログランキング

ナーサリータイム

2009 - 02/01 [Sun] - 19:53

かなり長い間、買うか悩んでます^^;
Nursery Rhyme Book (Beatrix Potter Activity Books)

Nursery Rhyme Book (Beatrix Potter Activity Books)
(2003/09)
Beatrix Potter

商品詳細を見る


ナーサリータイム(マザーグース)のCD付き本は結構な数出版されている中、
Beatrix Potterさんのイラストは魅力的だわぁ♪と思いつつ、
音源は当たり外れが有りそうだし・・・。
と悩んでいるわけです。(貧乏性ですねー・・・)

いえ、過去にマザーグースのCD付き本を購入して、失敗した!と思ったことがあったので、それで思い切れないのかもしれません。
そのCDは、思いっきり子供向けの、「童謡ですよー☆」みたいな感じで、聞いてると、大人としては、ちょっと、ねぇ?な感じだったのですよ。
(ブックオフ行きとなり、今家にはないです~)

そんな貧乏性な私ですが。
図書館にて、(表紙違いで)上記の本を発見したんですよ!
感動!
いやー、こんなところで私を待ってたの~?にっこり
と、うきうきしながら借りてきました!

で、どきどきしながらCD聴いてみました。
なんか、昔のディズニーアニメみたい、って思いました。
つまり、ミュージカル仕立て。
男性の声と、女性の声、両方入っています。
私はミュージカル嫌いじゃないので、楽しく聴けました^^

本のほうは、「あ、このイラスト見た事ある~♪」って言うのが意外とありました。
ピーターラビットシリーズの中のイラストだと思います。
と言うことは、ピーターラビットの中にはナーサリータイムが結構出てきているのですね!
超有名どころ(ハンプティダンプティとか)しか知らないので、全然気付いてなかったです。
多分、すっきり飛ばし読みしてたんでしょう・・・。

ナーサリータイム、難しいです。
解説の本が多く出版されているのも、納得です。

読みやすさレベル・4  2,219語、だそうです。

↓押してやってください~
人気ブログランキング

 | HOME | 

ブログ内検索

クリック募金

クリックで救える命がある。

おおきくなぁれ♪

カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

カテゴリー

読了本(種類別)

月別アーカイブ

amazon

お気に入りです

ブログランキング

★ランキング★

プロフィール

リッカ

Author:リッカ
読了本の紹介や思ったことを綴っています。

2007年11月より多読をスタート。
2008年10月 100万語通過。
2009年 6月 200万語通過。
2010年 3月 300万語通過。

300万語通過以降、カウント停止。


多読とは、
1・辞書は引かない
2・わからないところはとばす
3・つまらなくなったらやめる
を原則として、
簡単な本を沢山読む、というものです。

なお、読みやすさレベル、語数はSSSさんの書評システムを参考にさせていただいております。

コメントは歓迎しておりますが、
記事に関係のないコメント・トラックバックは削除することがありますので、ご了承下さい。

多読始めはここから

リンク

☆リンク☆

RSSフィード

本選びの参考に

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。