洋書メイン、和書も読む(^-^)つまり、単なる本好き♪

  さぁ、楽しい洋書の時間だぞ♪のナビゲーター   トップページ > 2008年09月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名作・Harry The Dirty Dog

2008 - 09/30 [Tue] - 21:16

Harry the Dirty Dog

Harry the Dirty Dog
(1956/06)
Gene Zion

商品詳細を見る

名作どろんこハリー (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)の原作です。
私のイメージとしては、「どろんこハリー」のリンクの方の表紙の配色がしっくりくるのですが。。
実際、私が借りてきたHarryも、表紙は緑とオレンジでしたし。

まぁ、それはいいとして…。。

Harryはお風呂が大嫌い。
ある日飼い主の家族がHarryの為にお風呂の準備をしていることに気付き、Harryはブラシを庭に埋めて、逃げ出してしまいます。
プチ家出のHarry、色んな事をして楽しみます。
そろそろ帰らなきゃ、と思う頃にはHarryは白くてクロブチの犬から、黒くてシロブチのある犬になってしまったくらい、泥んこに!
家族の反応は…。
そしてHarryは…。

Harryが本当に楽しそうにお出かけしていて、可愛かったです。

読みやすさレベル・1.5  465語

人気ブログランキング
↑ぽちっと^^♪

お話と関係ないんですが、飼い主一家のお父さんがスーツを着ていることに、なんかビックリしてしまいました。
・・・・・・仕事帰りですか?

スポンサーサイト

Marvin Redpost #4

2008 - 09/29 [Mon] - 22:14

Marvin Redpost: Alone in His Teacher's House (Stepping Stone Book)

Marvin Redpost: Alone in His Teacher's House (Stepping Stone Book)
(1994/02)
Louis Sachar

商品詳細を見る

Marvin Redpostの4巻。
今回は1週間留守になる担任のMrs.Northから、愛犬の世話を頼まれます。
一日3ドル、一週間何事もなく過ぎれば、4ドルのボーナス付きのお仕事です。
Marvinくん、一生懸命世話をするのですが…。。

Marvinシリーズの中でも、「泣ける」として評価の高い一冊です。
私も、泣く準備をして読んだんですが…
泣けなかったですjumee☆Feel Depressed4
なんで泣けなかったかは、多少ネタバレ感があるので、隠しておきます。
大丈夫な方はお進み下さい。

↓その前にぽちっとしもらえると嬉しいです^^
人気ブログランキング

続きを読む »

チャリチョコ

2008 - 09/28 [Sun] - 21:45

チャーリーとチョコレート工場

チャーリーとチョコレート工場
(2007/10/12)
ジョニー・デップフレディー・ハイモア

商品詳細を見る

やっと、観ました。
観るか、観ないか、1年位悩んでいたような…。。

というのも、これを観た人に、「どうだった~?」と聞いたら、
「・・・私、どうしても、受け付けられなかった・・・」という返事が返ってきたんです。
子ども好きの彼女は、子どもが何か失敗する度に出てくる小人のオッサンが歌う、子どもを馬鹿にした歌が、嫌で嫌でたまらなく、最後まで観れなかった、と。
嫌悪感が凄かった、と。

ジョニー好きな私としては観たいけれど、嫌悪感がこみ上げるようなDVDは観たくない…。
そんな感じで悩んでいたんです。

が、ついに観ました。(TSUTAYAが半額だったので笑
確かに、小人の歌ううたには、ちょっと引いたけれど、おおむね楽しめました。
特に、前半がよかった!
前半部分は、兎に角暖かい感じで、微笑ましかった~。
後半のチョコレート工場に入ってからは、、、
まぁ、想像できる範囲内っていうか、、、

で、DVDを観て、私すっごい誤解をしていたことに気づいたんです。
ずーっと、ジョニーがチャーリーだと思っていました^^;
だって、「チャーリーとチョコレート工場」というタイトルのDVDのパッケージがジョニーだったから…。
ジョニーはWonkaなのね~。
そうやって考えると、劇中もチャーリーちょっと影薄かったかも?

人気ブログランキング
↑白塗りだって、ジョニーの美しさは変わらないのようふheart0

そういえば、The Giraffe and the Pelly and MeにはWonkaのお菓子が出てくるのでした。
そうやって観ると、なんだかお得な感じ☆

久しぶりのDahl

2008 - 09/27 [Sat] - 08:30

The Giraffe and the Pelly and Me

The Giraffe and the Pelly and Me
(1998/09)
Roald Dahl

商品詳細を見る

Dahlを読むのは、久しぶり。
わくわく。読めるかな~??

Billyは、空き家になってしまっている元・お菓子屋さんがとても気になっています。
いつか、そこにお菓子屋さんを開くのが、夢なのです。
が、ある日そこに誰か引っ越してきましたよ!
それはキリン、ペリカン、サルの窓拭きやさん。
Billyと3人は知り合って、一緒に仕事に出かけることになりました。。。

素直に楽しめました^^
絵が、かわいいのぉ~は-と
特に、キリンさんにノックアウトされました。
かわいい挿絵が沢山入っているので、読みやすかったです♪

そしてDahlの素晴しいところは、図書館に置いてあるって所でしょうか。(違う?)
私が借りてきたのは、こんな表紙でした。(ちょっと違うんですけど、だいたいこんな感じです)
The Giraffe and the Pelly and Me
(2003/11/06)
Roald Dahl

商品詳細を見る

いいな、Billy!ペリカンのくちばしに入って、飛べるなんて~。
そして、一番疑問だったのは、タイトル。
サルはどうしちゃったの?と思ったんですが。
読み出したら、疑問は解けました。
そういうことだったのね~!

読みやすさレベル・3.5  6,823語

↓ぽちっときりん
人気ブログランキング

Dahlはイギリスの作家さん。
1916年に生まれ、1990年に74歳で亡くなっています。
でも、全然古臭さは感じません。
Dahlのウェブサイトはこちら
かわいいキリンさんに会えますよ♪

にゃんこ~

2008 - 09/26 [Fri] - 21:07

April's Kittens (Caldecott Honor Books)

April's Kittens (Caldecott Honor Books)
(1993/10)
Clare Turlay Newberry

商品詳細を見る

Aprilは両親と、黒猫のShebaと暮しています。
でも、Aprilの暮すアパートは狭くて、お父さんは猫は1匹しか飼えないよ、と言っています。
ところが…。
Shebaが3匹の仔猫を産みました。
家で飼えるのは、1匹だけ…。
Aprilは、辛くても、お別れをしなくてはいけません。

Aprilの辛さが、ひしひしと伝わってくる作品でした。

この挿絵が、また素晴しいんですよ~。
黒と赤だけなんですけど、にゃんこのフワフワ感が、よく出ていて、かわいいの~heart0

読みやすさレベル・3  2,900語

人気ブログランキング
↑ぽちっとお願いしますクロネコ

Bear Huntって行きたいですか?^^;

2008 - 09/25 [Thu] - 20:59

We're Going on a Bear Hunt (Book & CD)

We're Going on a Bear Hunt (Book & CD)We're Going on a Bear Hunt (Book & CD)
(2007/10/01)
Michael Rosen

商品詳細を見る

図書館から、お借りしました。(CDなしですが)
多読を始めたころに、手にとって、パラパラっとページをめくって、本棚にお帰りいただいた本です…。
同じフレーズの繰り返しで、なんとなく、退屈に感じたんですね。
それが今回は逆に「音読したら、面白いんじゃないかな~」という事で、借りてきました。

家族皆でbear huntに行くんですね。
(私はなんでbear huntなんかに行くのよ?って思いましたけど。。)
草原を抜けて、川を越えて、、、

これは、音読向き、でしょう!
ひそかに音読の練習をして、いざ、読み聞かせ!
「きゃ~!」「もう一回、読んで!」
という感想だったので、読み聞かせ、成功でしょう^^

私は、前半はゆっくり、後半はめいっぱい早く読みました。
CDには、どんな朗読が収録されているんでしょうか。
聴いてみたいなぁ☆

読みやすさレベル・1  451語

人気ブログランキング
↑ぽちっとお願いします♪

やりたい事と、やらなくてはならない事。

2008 - 09/24 [Wed] - 21:37

テンプレート、自分で変えておきながら、さっき自分のブログを開いたときに、
「あれ?……誰のブログだっけ??」
と真剣に悩みました。

・・・・・・ボケもここまでくると…、な感じですorz


8月から今まで、結構順調に読んできたような気がしますが、そろそろ「やらなくてはならない事」が溜まってきて、そわそわ落ち着かなくなってきました。
読書、大好きです。
読み出したら、ほかの事、全部やめて、ただひたすらに読み続けたいのです。

でも、やっぱり、「やりたい事」だけで暮していけるわけでもないし、これだけ落ち着かなくなると、読んでいても、なんか集中できないので…。
暫くはやらなくちゃいけない事と、読書、バランス見ながらやっていきたいと思います。

あぁ、きっと読む量が大幅に減るかと思いますが…。
でも、出来るだけ、読んで、記事アップしていきたいと思います。
(ていうか、そのくらいしか楽しみがないし。楽しみのない生活なんて淋しいし。)
PCに触る時間も、削らないとなぁ…泣き顔
(今は依存症並みに触っている気がするし…)

人気ブログランキング
↑これからも、よろしくです~

読み比べ☆

2008 - 09/23 [Tue] - 14:20

Scarlet Letter (Oxford Bookworms Library 4)

Scarlet Letter (Oxford Bookworms Library 4)
(2007/12/27)
John Escott

商品詳細を見る

今日はOBW4で読みました。
昨日と読み比べてみるつもりだったんですけど、PGR2で読んでしまった直後だったので、再読っぽい感じになってしまいました。
でも、こちらのほうが、語数も多いので、詳しく描かれているところもあって、昨日「?」って思っていたところが「!」に変わったところもあります。
そのせいか、こちらのほうが、話に入りやすかったです。

しかし、Hesterは強い女性だなぁ…。
私も、こう強くありたいものです。
そして、目の前に、鮮やかなScaletが浮かぶようでした。

読みやすさレベル・3.8  15,942語

人気ブログランキング
↑ぽちっとお願いします♪

最初のページと最後のページに赤字でAと入っていたのが印象的でした。
ちょっと、どきっとしてしまった~

古典をGRで。

2008 - 09/22 [Mon] - 20:10

以前、nappuさんのところで見て、読みたくなってしまいました。
The Scarlet Letter (Penguin Readers: Level 2)

The Scarlet Letter (Penguin Readers: Level 2)
(2000/04/26)
Nathaniel Hawthorne

商品詳細を見る

17世紀、ボストン。
清教徒たちがつくった街、ボストンではキリスト教の教えが重んじられている。
父親のいない子どもを産んだHesterは、胸にAの文字を付けてこれから生きていかなくてはならない。
(それが彼女に与えられた罪なのだ)
父親の名前を明かすように迫られても、彼女はけっして明かさない。

アメリカ文学の、古典だそうですね。
全然知りませんでした^^;

これは、結構あらすじだけかな、というくらい、削られちゃっている感じがしました。
父親も誰か、直ぐ分かってしまったし。
そのせいか、この人の行動の意味がわからない…。というところもあったんですが、結構読みやすかったです。
古典文学の原書はきっと…、読めるようになったとしても、読まないだろうと思うので…、
GRで読めて本当に、ラッキー^^
nappuさん、ありがとうございました!

読みやすさレベル・2  8,200語

人気ブログランキング
↑ぽちっとお願いします♪

それにしても…。。
宗教が絡むとちょっと読み辛くなる気がしました。。


ORT

2008 - 09/21 [Sun] - 07:39

買うか、買わないか。
ずーっと、悩んでいました。
Oxford Reading Tree: Stage 1: Kipper Storybooks: Pack of 6 (1 of Each Title) (Oxford Reading Tree)

Oxford Reading Tree: Stage 1: Kipper Storybooks: Pack of 6 (1 of Each Title) (Oxford Reading Tree)
(2008/01/10)
Roderick Hunt

商品詳細を見る

ORT。
多読を始めてからORTというものを知りました。
けっこうよく耳にするのですが、その存在が掴みきれなくて。
ずーーーーっと、もやもやっとした存在でした。

一体あなたは何なのよ?!

と言いたかった…。

続きを読む »

the Missing Piece

2008 - 09/20 [Sat] - 13:05

The Missing Piece (Ursula Nordstrom Book)

The Missing Piece (Ursula Nordstrom Book)
(1976/03)
Shel Silverstein

商品詳細を見る

It was missing a piece.
And it was not happy.
そんな文章から始まります。
失われたpieceを求めて、itは旅に出ます。
And because it was missing a piece
it could not roll very fast ~
これは図書館から借りてきたんですけど、とっても気に入ってしまったので、購入を検討中です。
人生ってこういう感じなんだよね…。
と、凄く心に染みてきました。
簡単な英語で、よくこんな深い世界をえがけるなぁ、と感動いたしました。

読みやすさレベル・2  609語
(私はもう少し、読みやすく感じました)

人気ブログランキング
↑ぽちっとお願いします^^

Bill Gatesの本

2008 - 09/19 [Fri] - 21:51

The Road Ahead (Penguin Readers, Level 3)

The Road Ahead (Penguin Readers, Level 3)
(1999/07/14)
Bill Gates

商品詳細を見る

読んでいて、眠くて、眠くて…。
もう、なげよう~寝る
と思いながら、結局読みきってしまいました。

Bill GatesがMicrosoftを始める前、始めたころ、そして、これから先のお話。
と言っても、この先10年を語っているので、出版から10年経った今が、その「未来」なんですが。
「未来」となった今読むと、Bill Gatesって10年前に、こんなこと言ってたんだ~、という感じで、読み進めていきました。
後半の方がサクサク読めました。

ノンフィクションなので、話がどう流れていくか、フィクションより想像しにくいのと、私はどうもPCに苦手意識が強いせいで、多少、読み辛く感じました。
そして、眠くなったのでしょう……

読みやすさレベル・3  9,900語

人気ブログランキング
↑ぽちっとお願いします^^ 応援ありがとうございます!

読み終わると、このタイトルがしっくりくるって言うか、、、
上手いタイトルだな~、と思いました。

かわいい^^♪

2008 - 09/18 [Thu] - 20:11

Special Gifts (Cobble Street Cousins)

Special Gifts (Cobble Street Cousins)
(2000/09/01)
Cynthia Rylant

商品詳細を見る

私、最近色々あって、疲れていたんですね。
人間関係とか、そういう諸々のことで…。
で、疲れたときは、Cobble Street Cousinsですよ。

おばさんの家で暮らす、3人の従姉妹達。
可愛くって、なんて優しいんでしょう…。

今回は、お裁縫を習ったり、相変わらず、ほのぼの♪

今回も、がっつり癒されました。
ありがとうございましたうふ

読みやすさレベル・2.5  3,383語

人気ブログランキング
↑ぽちっとお願いします^^

今、一番読みたい本!

2008 - 09/17 [Wed] - 19:30

親子で始める 英語100万語!で紹介されている本で、どうしても読みたくなったものがありました。
How I Became a Superhero (Maximum Boy)

How I Became a Superhero (Maximum Boy)
(2001/10)
Dan Greenburg

商品詳細を見る

B級ヒーローものだそうです。
なんだか、思いっきり笑えそうな感じがするのです。

読みやすさレベル・2.5  9,000語

で、どうしても読みたかったので、購入しようと、アマゾンさんで検索したら…。
なんと!


¥5,104~出費



は?キョトン

ペーパーバックなのに!5千円!
本気で見間違いかと思いました…。
楽天ブックス、紀伊国屋、ヤフオク、SEG、調べてみましたが、入手不可品だそうで…。
一番安くて、¥5,104です。

泣けるorz
これ、シリーズもので、中には500円くらいで購入できるものもあるようですが。
シリーズの途中から読んでも、分かるかしら。
私、アマゾンさんの「出品者」から購入したことないので、不安ですが…。。
かなり、悩みます…。

人気ブログランキング
↑ぽちっと☆

昼休み、かなり悩んでいたら、
「裏表紙に『貧乏人、お断り』って書いてあるんじゃない?」
って言われました~。

うーん、私はお断りされたようです!

木はお好きですか?

2008 - 09/16 [Tue] - 21:01

とっても過ごしやすい季節になりましたね。
まさに、読書の秋、多読の秋、って感じです。

しかし、何故か、すごーく、眠いのです。
眠くて、眠くて、倒れそうです。
倒れこんでそのまま寝たいです。

でも、本は読みたい…。
欲張りな私。

A Tree Is Nice

A Tree Is Nice
(1987/06)
Janice May UdryMarc Simont

商品詳細を見る

木について描かれた本です。
こういうところがniceっていうかんじに綴られていきます。
のんびり、ゆったり。

木々の間を抜けていく風の音が聞きたくなってしまいました。
そして木陰でお昼寝してみたい…。

読みやすさレベル・1.5  358語

人気ブログランキング
↑ぽちっと☆

苛立ち

2008 - 09/14 [Sun] - 17:25

今日は愚痴はいってます。
ので、以下は隠しておきます。
愚痴にお付き合いくださる、寛大な方は、どうぞ、お進み下さい…。

続きを読む »

the Runaway Bunny

2008 - 09/13 [Sat] - 22:09

The Runaway Bunny

The Runaway Bunny
(1977/10)
Margaret Wise Brown

商品詳細を見る

邦題が、ぼくにげちゃうよです。
そのタイトル通り、子ウサギがママから逃げようとするんですね。
「さかなになって逃げちゃうよ」
「じゃあ、ママは漁師になって、あなたを捕まえるわ」
そんな会話が繰り返されていきます。

あったかくなれる絵本です。

いいな、こういうお母さん。
私もこういうお母さんになりたいわ…。。
最近私は怒ってばっかりで、この本を読んだ後に妙に反省して、ちょっと泣きたいような、そんな気分になりました・・・。
このウサギのお母さんみたいに、ママから逃げても、追いかけちゃうわよ、あなたが大好きよ、って出来るようになりたいな。

読みやすさレベル・1.5  400語

人気ブログランキング
↑ポチッとお願いします♪

いろんな解釈が出来る本。

2008 - 09/11 [Thu] - 21:22

Giving Tree

Giving Tree
(2003/04/15)
Shel Silverstein

商品詳細を見る

一本の木と、男の子の交流を描いた絵本です。
男の子が小さいとき、木と男の子は仲良く遊んでいました。
木は男の子が大好きで、男の子も木が大好きで。
木は男の子に葉っぱをあげたり…。

時は流れて、男の子は木の下へ行かなくなります。
そして、久しぶりにやってきた男の子を見て、木は喜びます。
さぁ、おいで。昔のように私と遊ぼう。
でも、男の子は「お金がほしい」と言い出して。。
木は、自分に実ったりんごをとって、そしてそれを売りなさい、と言います。
たとえリンゴが無くなってしまおうとも、木は幸せでした。

それから、少年はたまにやってきては、「これが欲しい」「あれが欲しい」と言い続けます。



この本は、きっと読む人によって、読後感がだいぶ違うんじゃないかと思います。
私は、なんだかThe Boyが人間のエゴを表している感じがして、辛かったです。
そして、この木はherで表されていることもあって、母性を表しているんだな、って思いました。

感想は、色々あるんですが、上手く言葉になって出てきません。
読んでいる間は、苛々して、読み終わったら、重い気持ちになってしまいました。

きっと、何年か経ってから読み返すと、また違った感想になるんだろうな、と思います。

皆さんは、どんな感想を持たれるでしょうか…。

読みやすさレベル・2  620語

人気ブログランキング
↑ポチッとお願いします♪

音声

2008 - 09/10 [Wed] - 22:13

毎晩、娘(5歳です)と一緒に絵本を読んでいます。
最近はだいぶ読むのが上手になったこともあって、気付くと一人で読んでいたりします。
で、ちょっと不思議だったのは、娘が一人で読んでいるときは必ず音読している、って言うこと。
なんでだろう?
音読しなきゃ読めないのかな??
と気になっていたんですね。
で、ふと気付いたんですが。
私が英語の本を読んでいるときは、頭の中で音声が流れているんですね。
それと一緒なのかな??
和書を読むときは、音声は流れてないようなので、読んだ量によって、音声が流れたり、流れなかったりなのかしら??
ちなみに、今記事を書いているときは音声が流れています。
っていうことは、考えながら、っていうときは音声が流れるのかしら??


・・・・・・よく、わかりません。

が、きっと、慣れてくると、英語の音声も消えていくんじゃないかな、って思います。
そんな日がいつか来るのかしら。楽しみ♪


人気ブログランキング
↑ポチッとお願いします♪

ちなみに、娘が本を読むスピードは、かなりゆっくり。(あたりまえ?)
じっくり、じっくり、味わっている感じです。

なんだか、私の洋書絵本の読み方と似てるな~

ぼちぼちいこか

2008 - 09/09 [Tue] - 20:07

ぼちぼちいこか

ぼちぼちいこか
(1980/01)
マイク・セイラー

商品詳細を見る
ずっと、原書は和書だと思っていたんです。
ぼちぼちいこか、って。全て関西弁でかかれているし。
○○になれるやろか?って気の抜けたほわほわっとした感じがとっても好きで。
でも、表紙をよーく見ると、作者名はカタカナだし。
・・・・・・。
実は、関西弁で翻訳された絵本だったんですよ!
What Can a Hippopotamus Be?
What Can a Hippopotamus Be?
(1989/02/13)
Mike Thaler

商品詳細を見る

とっても残念なんですけど、アマゾンさんでの取り扱いはないみたいです。。
でも、もしかしたら、図書館にあるかも!
実際私は図書館から借りてきました。

かばくんが、いろいろな職業に挑戦していくんです。
でも、失敗しちゃって…。
そんなお話です。ノンビリしていて、とっても素敵です。
現代社会っていうのは、なにかと結果を出すことを求められているような気がして、時々息苦しくなることがあるんですけど、こんなかばくんみたいに、たまには力を抜いて、ノンビリいきたいな、と思うのです。

読みやすさレベル・0.2  81語

人気ブログランキング
↑ポチッとお願いします♪

ほな、今日の読書もぼちぼちいこか?

ミドルネーム

2008 - 09/08 [Mon] - 21:29

ちょっと前に読んだ本です。
「いじめ」が絡んでいるお話だったので、Marvin君を読んでいたら記事にしたくなりました。

The Fran That Time Forgot (Franny K. Stein, Mad Scientist)

The Fran That Time Forgot (Franny K. Stein, Mad Scientist)
(2005/08/23)
Jim Benton

商品詳細を見る

Frannyちゃんの#4。
今回は、ミドルネームのお話。
FrannyちゃんのミドルネームKが今回明らかになりました。
そして、ミドルネームのことで皆に笑われたFrannyちゃんのとった行動とは?

すっごいFrannyちゃんらしいです。
さすが、マッドサイエンティスト。

でもね、ラストがこれまたFrannyちゃんらしくて、可愛くって、良かったです。
またFrannyちゃんのことが好きになってしまいました。

読みやすさレベル・2.9  3,714語

人気ブログランキング
↑ポチッとお願いします♪


多くの日本人にはミドルネームってないですよね。
私は常々、ミドルネームって、どんな扱いなんだろう、って疑問に思っていたんですよ。
それがちょこと、解けましたルン

Marvin Redpost #2

2008 - 09/07 [Sun] - 17:26

Marvin Redpost: Why Pick on Me (Marvin Redpost)

Marvin Redpost: Why Pick on Me (Marvin Redpost)
(1993/01)
Louis Sachar

商品詳細を見る

正直、読み辛かったです…。。
pick your noseって言われるんですが、意味が全く分からないし。
(とりあえず放置して読み進めると、後でな~んとなく、分かってきましたが…)
今回、Marvin君、いぢめられちゃうんですね。
それがまた読んでて辛くて、、、なかなかページが進まなかったです。

あぁ、そうか。この位の子どもたち(9歳)のいじめって、本当に些細なこととか、いい加減な根拠の上にあるんだな。って思いました。
子どもって、残酷。

しかし、Marvin君の解決策は私には浮かばなかったです。
こういうラストになるとは、、、
スッキリ&爽快。
途中からスピードアップして、一気に読みきれる、そんな本でした。

読みやすさレベル・2  4,631語

人気ブログランキング
↑ポチッとお願いします。

ちなみに、うちの夫は、娘(5歳)のクラスの女の子に
「顔がだね」
って言われたらしいです。
私のダーリンに向かってよくも言ったわね~!怒
と思いましたが…。悪気はないのでしょう。
子どもって、残酷。
(ちなにみ、夫は全く気にしてません。凄いなぁ…)

ずっとコメディ映画だと思ってた…

2008 - 09/06 [Sat] - 23:04

ヘアスプレー

ヘアスプレー
(2004/10/23)
リッキー・レイクレスリー・アン・パワーズ

商品詳細を見る

コメディだと思って観ていたら、違いました。
だって、ジョン・トラボルタが女装して、お母さん役やってますよ、オデブなのに歌って踊りますよ、って言われたら、コメディだと、思いません??

時代は60年代のアメリカ、ボルティモア。
おデブのトレイシーは踊るのが、大好き。
毎日4時からローカル局の放送しているダンス番組を楽しみにしています。
ひょんなことから、番組に出演して、そして段々人気者になって…。
という、ありがちな話だけではなく、人種差別問題が含まれているんです。
黒人と白人は、住む場所も違えば、同じ場所で踊ってはいけないんです。
そういう環境の中、トレイシーは自分の感覚に素直にしたがって、人種の壁を越え、黒人たちと交流していくんですね。
と言うと、重い感じの映画っぽいですが、全然重くならずに、でもメッセージはガッチリ伝わってくる、そんな映画に仕上がっています。

映画の中の、歌やダンス、60年代の香りも楽しめました。
意外とおしゃれな映画です。
ミュージカルが嫌いでなければ、楽しめると思いますニコニコ。 横向き

人気ブログランキング
↑ポチッとお願いします^^

長い~

2008 - 09/05 [Fri] - 23:23

眠いです…。
眠い……。
眠い原因を作ってくれた本はコチラ↓
David Copperfield (Penguin Reading Lab, Level 3)

David Copperfield (Penguin Reading Lab, Level 3)
(2000/02/15)
Charles Dickens

商品詳細を見る

このレベルの本にしては、かなり長く、23,000語、92ページあります。

中身は、Davidの人生を幼少から、大人になるまでの波乱万丈を綴ったお話です。
幸せに暮していたのに、母が再婚したところから、Davidの不幸は始まります。。。

私、子どもが不幸な目に遭う話はどーしても苦手で、最初中々進まなかったです。
でも、きっと幸せになるのよね?と信じて読み進んでいきました。

で、途中から止まらなくなって、昨日の夜は、寝るか、読み続けるか悩みつつ、結局読み続けて、、、
今日の睡眠不足の出来上がりです!

しかし、登場人物が多かった!
最初出てきて、もう出てこないだろう、と思っていた人物が後になって出てくるし…。
最初「これ、誰だっけ~??」と頭を悩ませていたのですが、途中から、考えるのはやめて、兎に角読み進めていくと、「あ、もしかして、あの人かも!」となんとなく分かるんです。
(登場人物が皆、個性的だったので。)

ただ、やっぱりGR(英語学習者用段階別読み物)なので、「あー、ここはあらすじだけになってるっぽい」と感じるところもあって。
原作が読みたくなってしまいます。
が、最初(幼いDavidが辛い目に遭うところ)が辛くて読めないかも^^;
GRで読んで正解かもしれないわ…

読みやすさレベル・3.5  23,000語
人気ブログランキング
↑ポチッとお願いします^^


ラストが素晴しいです

2008 - 09/04 [Thu] - 20:17

Granpa (Picture Puffin)

Granpa (Picture Puffin)
(1988/06)
John Burningham

商品詳細を見る

孫娘とおじいちゃんのやり取りを描いた絵本です。
1年が美しく流れていきます。

お話が短いので、これ以上言うとネタバレになってしまうので控えますが、本当に、素晴しい絵本です。
最後の余韻の深さが凄いです。
私は、暫く本の世界に入ってしまって帰ってこれませんでした。。。

皆様にも是非、手にとって、味わって欲しいなぁ、と思います。

読みやすさレベル・2.5  220語

人気ブログランキング
↑ポチッとお願いします^^

でも、ちょっと読み辛いというか、難しいです・・・。
絵本って、難しいなぁ……

Dandelion

2008 - 09/02 [Tue] - 21:49

Dandelion

Dandelion
(1999/10)
Don Freeman

商品詳細を見る

キリンのJenniferから招待状を受け取ったライオンのDandelion。
丁度、床屋さんに行く予定だったので、張り切って床屋さんに行きます。
床屋さんで流行の髪型に変えて、そして新しい洋服を買い…。
色々な支度をして、Jenniferの家に行くと、外見が変わったDandelionを見て、Jenniferは知らない人が来たのだと思い、Dandelionを玄関で追い返されてしまいます。。。

え~!そんな!!
追い返さないでよ~、、、
なんで、こうなるの??
と思いつつ、読み終わった後には、もう一度読み返していました。

ちなみに、変身後が表紙の姿。
変身前はアマゾンさんで中身が見れるので、そこで見られますよ。
確かに、気付かないかもねぇ…。
でも、友達なら、気付いて欲しいな。と、思います。

読みやすさレベル・0  698語

人気ブログランキング
↑ポチッとお願いします^^

実はキリンのJenniferは美人さんな印象でしたよ。
Dandelionは可愛い女の子の前でカッコつけたがる男の子みたいで、可愛かった~。

Amistad

2008 - 09/01 [Mon] - 20:11

Amistad (Penguin Readers, Level 3)

Amistad (Penguin Readers, Level 3)
(1999/08/04)
Joyce Annette Barnes

商品詳細を見る

久しぶりのGR。
最初凄く読み辛く感じましたが、途中から引き込まれました。

奴隷時代のお話。
アフリカからスペインの奴隷船に乗せられ、動物のような扱いを受ける人々。
そこから逃げ、自分たちの家に帰るために、スペイン人の船員を殺してしまう。
そして、アフリカに帰るはずだったのに、ついたのはアメリカ。
そこで裁判が開かれることになり。。

奴隷制度といわれても、ちっともピンときません。
日本は単一民族だし、人種差別とかも、あまり実感がありません…。。

そんな私ですが、この本の裁判の場面で、黒人の主人公が語る話に胸を貫かれました。
重いテーマですが、読んでよかったと思います。

読みやすさレベル・3  8,700語

人気ブログランキング
↑ポチッとお願いします^^

これはスピルバーク監督の映画を元にしたGRです。
是非映画も観てみたいな…。。
アミスタッド
アミスタッド
(2005/01/01)
モーガン・フリーマンアンソニー・ホプキンス

商品詳細を見る

 | HOME | 

ブログ内検索

クリック募金

クリックで救える命がある。

おおきくなぁれ♪

カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

カテゴリー

読了本(種類別)

月別アーカイブ

amazon

お気に入りです

ブログランキング

★ランキング★

プロフィール

リッカ

Author:リッカ
読了本の紹介や思ったことを綴っています。

2007年11月より多読をスタート。
2008年10月 100万語通過。
2009年 6月 200万語通過。
2010年 3月 300万語通過。

300万語通過以降、カウント停止。


多読とは、
1・辞書は引かない
2・わからないところはとばす
3・つまらなくなったらやめる
を原則として、
簡単な本を沢山読む、というものです。

なお、読みやすさレベル、語数はSSSさんの書評システムを参考にさせていただいております。

コメントは歓迎しておりますが、
記事に関係のないコメント・トラックバックは削除することがありますので、ご了承下さい。

多読始めはここから

リンク

☆リンク☆

RSSフィード

本選びの参考に

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。