洋書メイン、和書も読む(^-^)つまり、単なる本好き♪

  さぁ、楽しい洋書の時間だぞ♪のナビゲーター   トップページ > 2008年08月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館にて

2008 - 08/31 [Sun] - 08:12

私はいつも、会社の近くの図書館にリクエストを出すことにしています。
そうすれば、仕事帰りに、一人でサクッと受け取ってこれますから。
家から近い図書館の方が大きいのですが、平日に行こうと思うと、子どもを連れて行かなくてはいけなくなるので…。。
図書館大好き!な娘は、本を受け取ってすぐ帰る、なんて納得してくれないでしょう……。。

が、先週は本が届いたお知らせをもらってからも中々寄れずにいたので、娘を連れて、昨日受け取りに行ってきました。

図書館のカウンターに行くと、私は何も言っていないのに、
「あ、2冊届いてますよ」
と笑顔で言われました。

いつの間にか、覚えられていたようです。
図書館司書の皆様、いつもお世話になっております。
ありがとうございます。
おかげさまで、今日も楽しく読書ができます。
またリクエスト出しに行くので、宜しくお願いしますね福助

人気ブログランキング
↑ポチッとお願いします^^

スポンサーサイト

とってもおしゃれな絵本です。

2008 - 08/29 [Fri] - 21:44

オリビア

オリビア
(2001/11)
イアン ファルコナー

商品詳細を見る

確か、大学生の頃、本屋さんに平積みされていました。
表紙にすごーく惹かれて、買うか悩んだ記憶があります。
(結局買わなかったんですけど)
谷川俊太郎さんの和訳も力が抜けた感じで素敵でした。

↓こっちが英語バージョンです。
Olivia (Classic Board Books)
Olivia (Classic Board Books)
(2004/09/28)
Ian Falconer

商品詳細を見る

ブタのOliviaの生活を描いています。
おませで可愛いですよ。
イラストもとっても素敵で、白と黒の中に、赤が浮かんでいて、とってもおしゃれです。
こういうさりげなくて、スタイリッシュな絵本、大好きですheart0

読みやすさレベル・1  320語

人気ブログランキング
↑ポチッとお願いします^^

現実にこういう女の子、いっぱいいそうだな~。というところがまた素敵なのです。


Kidnapped at Birth?

2008 - 08/28 [Thu] - 19:55

Marvin Redpost: Kidnapped at Birth? (Stepping Stone Book)

Marvin Redpost: Kidnapped at Birth? (Stepping Stone Book)
(1992/07)
Louis Sachar

商品詳細を見る

家族の中で、自分だけ青い目、赤い髪のMarvin。
自分は行方不明になっている王子かもしれない……!!

そんなお話です。
Marvinは9歳なんですが、
あ、この位の年の子って、こんな感じだったな~。
って思えるくらい、リアリティがありました。

でも、お母さんの行動が、私には「?」な感じだったんですよね…。
私も、一応「お母さん」なんですけどね~。
どうも、理解できなかったんですよね。。

読みやすさレベル・2   5,209語

人気ブログランキング
↑ポチッとお願いします^^


さくさく読めるので「初めての児童書にピッタリ」とか言われている理由が分かりました。
さくさく読めて、かつ、余韻も楽しめて。
確かに、初めての児童書にお勧めです。

気になる…

2008 - 08/27 [Wed] - 22:25

Penelope At The Farm

Penelope At The Farm
(2005/07)
Anne GutmanGeorg Hallensleben

商品詳細を見る

↑↓この、違いが気になる~!!
Penelope on the Farm
Penelope on the Farm
(2005/08/04)
A. Gutman

商品詳細を見る

内容は同じだよね?
なのに何故タイトルがonとat、2種類あるの~?!

on と at 違いが分かるようになる日は、来るのでしょうか…。
いえ、きっと多読を続けていけば、来るに違いない!
その日を楽しみに…。

人気ブログランキング
細かいことは、とりあえず気にしないでおこうっと。
ポチッとお願いします。ありがとうございます♪

Penelope仕掛け絵本

2008 - 08/26 [Tue] - 21:57

ブックバーゲンで買いました。
Penelope At The Farm

Penelope At The Farm
(2005/07)
Anne GutmanGeorg Hallensleben

商品詳細を見る

Penepoleが逃げ出した動物の赤ちゃんを集めていく、可愛い仕掛け絵本です。
なかなか凝った仕掛けで、子どもが大喜び笑うでtabを引っ張っております…。
壊れないかちょっと心配、、、
でも、楽しく読めるので、良しとします^^

英語は全くダメなダンナに「凄くない?」と見せたところ、「お、(仕掛けが)凝ってるね~。楽しい本だね」と仕掛けを楽しそうに引っ張っていました。
仕掛け絵本、何気に大人も楽しめるかも…、な1冊でした。

読みやすさレベル・0  182語

地元で開催されたブックバーゲンで何冊か購入したのですが、1冊、アマゾンさんでの価格の方が500円も安いものがありました。
あんまりだー!!
全然バーゲンじゃないじゃん!!
と暫くショックをうけました…。。

人気ブログランキング
↑励ましのポチ、いただけると嬉しいです…


70万語通過

2008 - 08/25 [Mon] - 21:23

気付けば70万語を通過していました。
多読をはじめた頃は、100万語は遥か彼方に思えましたが、なんだか手の届く所までやってきたように思います。

最初の頃は、早く難しい本を読めるようになりたい、とか、早く100万語達成したい、とか色々思っていたのですが、今はあまり語数にとらわれず、簡単な本を楽しく沢山読みたいと思っています。
多読を始める前にはgetとかmake、haveそういう基本的な動詞を掴みきれていませんでした。
今はなんとなく、そういうのが溜まってきて、ぼんやりとした、影がユラユラと見えるようになってきたような、見えないような…。。な感じです。
気付かないうちに、進歩してたようです。
嬉しいな~♪
多読を始めて、楽しく読んでいるうちに、ちょっとずつ英語脳が出来てきたなんて!
これからも、楽しく読んでいくぞ、っとニコッ♪

人気ブログランキング
↑ポチッとおねがいします☆

小人さんの冒険シリーズから♪

2008 - 08/24 [Sun] - 09:48

The Littles Go Exploring (Littles)

The Littles Go Exploring (Littles)
(1994/07)
John Peterson

商品詳細を見る

Littlesシリーズの1冊です。
人間の家にコッソリ住んでいる小人一家Littles、失踪したおじいちゃんを探す旅にでます。
ボートに乗って、一家全員での冒険の旅です。

読みやすさレベル・2  10,006語

YL2にしては、語数が多めですが、どんどん引き込まれて、あっという間に読了。
鉛筆で描いたような柔らかなイラストが素敵でした^^

あ~、楽しかった!!

人気ブログランキング
↑ポチッとおねがいします☆

Salがお姉さんになりました

2008 - 08/22 [Fri] - 21:14

One Morning in Maine

One Morning in Maine
(1952/04)
Robert McCloskey

商品詳細を見る

昨日の記事のBlueberries for SalのSalがお姉さんになりました。
大きくなって、歯が抜ける、今回はそういうお話です。
歯が抜けて、ちょっと大人に近づいたのが嬉しくて、っていう気持ちが凄く伝わってきます。

それに、歯が抜けたときにどうするかっていう話が出てくるんですが、こういう風にするとは知らなかったので、そこも楽しんで読めました。
日本だったら、上の歯は縁の下、下の歯は屋根に投げるんですよねー。
ちょっと今の時代には厳しいかなって気がします…。

読みやすさレベル・2  

人気ブログランキング
↑ポチッとおねがいします☆



ところで……
明日の世界・ふしぎ発見!(TBS系・9時~)で「赤毛のアン生誕100年」を放映するようです。アンは読んでみたい作品の一つ。出来れば観たいなぁ^^

ブルーベリーはつめたかな~

2008 - 08/21 [Thu] - 21:01

Blueberries for Sal (Picture Puffins)

Blueberries for Sal (Picture Puffins)
(1976/09)
Robert McCloskey

商品詳細を見る

Salとお母さんは冬の間用に、バケツを持ってブルーベリー摘みに出かけます。
でも、ブルーベリーを食べながら摘んでいくSalのバケツには中々ブルーーベリーは溜まりません。

一方で、熊の親子も、冬のためにブルーベリーをとりにやってきます。

ブルーベリーはちゃんと摘めるんでしょうか。

藍色一色で描かれた絵が美しいです。
そして、お母さんの服装とか髪型、キッチンなんかが、クラシカルで、いい雰囲気をかもし出しています。
のんびりとした暮らしを想像して、ちょっとうっとりしてしまいました。

読みやすさレベル・2  1,011語

人気ブログランキング
↑ポチッとおねがいします☆

Hug

2008 - 08/20 [Wed] - 18:47

Hug

Hug
(2001/10)
Jez Alborough

商品詳細を見る

おサルの子どもが一人でジャングルをお散歩していると、他の動物の親子がHugをしているんですね。
それを見ていたら、段々淋しくなっちゃって…。。

セリフはほぼHugのみです。

でも、動物たちのイラストが可愛くって、和みました。
疲れているときに読みたい一冊です。

読みやすさレベル・0  3語(名前って1語にカウントしていいのかしら?)

人気ブログランキング
↑ポチッとおねがいします☆

Hugっていいな~、あったかい♪
そんな幸せ気分♪

カラーの挿絵が見たかった~

2008 - 08/16 [Sat] - 08:53

The Dragons of Blueland (My Father's Dragon)

The Dragons of Blueland (My Father's Dragon)
(2007/03/13)
Ruth Stiles Gannett

商品詳細を見る

エルマーの冒険完結編です。

面白かった~!

今回初めてBaby Dragonの名前が出てきます。
他の兄弟たちのことも出てくるのですが、きょうだい皆、カラフルで、あー挿絵がカラーだったらよかったのに~、としみじみ思いました。

お話も最後まで、しっかり楽しめました。

読みやすさレベル・3  7,539語

人気ブログランキング
↑ポチッとおねがいします☆

娘と英語

2008 - 08/13 [Wed] - 16:41

多読を始めてから、ほぼ毎日、少しだけでも、洋書を読むようにしています。
始めたばかりの頃は、何を読めばいいのか分からなくて、苛々したこともありましたが、、、
洋書を読むの、楽しいです^^

音に関しても、毎日何か聴いています。
洋楽だったり、朗読だったり、映画だったり。
シャドーイングしたいときは、シャドーイングして。

そんな楽しい日々を過ごしていたら、5歳になった娘にこんなことを言われました。

「ママみたいに、英語を喋れるようになりたい」

え?!
ママ、(そんなに)喋れないんだけど…
まぁ、それはいいとして^^;

せっかく自ら英語をやりたい、と言ってくれたので、親としては、やっぱりやらせてあげたいですよね。
が、どーしても、「英語教室」ってやつに入れる気にはならないんですよね。。
私はフルタイムで働いているので時間的余裕がもうないし。。

で、自分が多読をしているので(楽しいし)、やっぱり娘にも多読かなぁ…と。
(結構悩みましたが)

でも、英語下地0の娘に、何を読めばいいんだろ…。
ORT(Oxford Readind Tree)?
ORTも色々なレベルがあるし、とか、悩む日々を送っておりました。

解決策になるかなぁ、と購入いたしました。
親子で始める 英語100万語!

親子で始める 英語100万語!
(2004/05/27)
古川 昭夫伊藤 晶子

商品詳細を見る


さらさら、っと読んだらORTの紹介とか出ていて。
参考にしながら、親子で多読、始めてみようかな、と思います。
……給料日が、きたらね……

人気ブログランキング
↑おねがいします☆

楽しく親子で多読。できたらいいな♪

エルマーとりゅう

2008 - 08/12 [Tue] - 10:15

Elmer And the Dragon (My Father's Dragon)

Elmer And the Dragon (My Father's Dragon)
(2007/03/13)
Ruth Stiles Gannett

商品詳細を見る

エルマーの続編。
家に帰る途中に嵐に遭い、不時着?した島はカナリヤの国で…。
というお話です。
エルマーはちゃんと家に帰れるのでしょうか。

My Father's Dragon (My Father's Dragon Trilogy)に比べると、冒険っぽさは少ないような気がしますが、楽しめました^^
今回は先に和書を読まなくても、Elmerの文体に慣れたのか、楽しく読めたのが嬉しかったです☆

読みやすさレベル・3  7,167語

人気ブログランキング
↑おねがいします☆

これも図書館で借りてきたのですが、「寄贈」のハンコが押してありました。
それを見たら、なんだか、嬉しくなってしまいました。

名作ですね。

2008 - 08/10 [Sun] - 22:35

今日から1週間、夏休みに入りました。
出来るだけ、沢山読めたら良いな~、と思いつつ、休み中も色々予定があったりして…。

休み前に娘と一緒に読みました。
エルマーのぼうけん

エルマーのぼうけん
(1963/07)
ルース・スタイルス・ガネットルース・クリスマン・ガネット

商品詳細を見る

タイトルも、表紙の絵も印象的でしたが、読んだことのなかった作品でした。

こどもと読むには話が長いので、
「今日はこれでお終い。続きは明日ね」
と途中で切り上げたのですが。
子どもが寝てから、一気読み~!
面白かった、満足♪と思ったのですが、
あぁ、やっぱり、英語で読みたい…

と、言うことで、図書館より借りてきました♪
My Father's Dragon (My Father's Dragon Trilogy)
My Father's Dragon (My Father's Dragon Trilogy)
(2005/12)
Ruth Stiles Gannett

商品詳細を見る

一匹の野良猫に会ったことをきっかけに、エルマーは竜を助けるた旅にでます。
色々なピンチを切り抜けていくところが爽快でした。

読みやすさレベル・3  7,385語

人気ブログランキング
↑おねがいします☆


↓以下、独り言です。
ところで、Dragonって龍(竜)って訳がついてまわるけど、Dragonと龍は別物だと思う…。
私にとって、
龍→ヘビみたいな感じで、翼はない、
Dragon→大きな爬虫類(?)みたいなもの、4本足のもの、に翼が生えたもの、
というイメージです。
今回、龍とDragonについて考えてたら、混乱しました~。
なんで、あんなに想像図が違うものに同じ「りゅう」って名前が付いているんだろう…。

昼休みには読めない本でした

2008 - 08/06 [Wed] - 22:17

Frantastic Voyage (Franny K. Stein, Mad Scientist)

Frantastic Voyage (Franny K. Stein, Mad Scientist)
(2006/04/25)
Jim Benton

商品詳細を見る

Frannyシリーズの5巻です。
今回は特殊スーツを着て、胃の中に入っていきます。

表紙を見て、
ツインテール対応のスーツなんだ…。
と妙に感心してしまいました。

挿絵が多いので、いつもならサラサラっといけるシリーズなのですが、、、
今回は、胃の中ってことで、絵がリアルなのか、文章が巧みなのか、昼休み(食事前)には、どーしても読む気になれず、読み終わるのに何日かかかりました。

でも、面白かったんですよ!
天才なんだけど、ちょっと抜けたところもあるFrannyが可愛かったし。

でも、やっぱり、昼休みに読む本ではないかもしれません^^;

読みやすさレベル・3、よりちょっと欠けるくらい。(挿絵が多いので)  4,800語

人気ブログランキング
↑おねがいします☆


今回も可愛いお話でした^^

2008 - 08/04 [Mon] - 23:14

A Little Shopping (Cobble Street Cousins)

A Little Shopping (Cobble Street Cousins)
(2000/05)
Cynthia Rylant

商品詳細を見る

Cobble Street Cousinsの2冊目です。
今回も、可愛い~

3人で、Aunt Lucyのお花屋さんのドールハウスを作ることになり、ドールハウスのパーツを買いにお出かけします。

お買い物の様子も、ドールハウスの製作過程も、もー 全てが!
微笑ましいんだもの^^
今回も、ウットリさせていただきました☆

読みやすさレベル・2  3290語

人気ブログランキング
↑いい本に出会えて、ほーんと、happy♪ぽちっと。お願いします^^

電車の中でニコニコしながら読んでいた私は、ちょっと怪しい人だったかも?
ま、いっかー…。

Who Sir? Me Sir?

2008 - 08/03 [Sun] - 06:53

久しぶりの更新です。
更新していない間も、少しずつですが、読んでいました。
Who, Sir? Me, Sir? (Oxford Bookworms Library)

Who, Sir? Me, Sir? (Oxford Bookworms Library)
(2000/07/06)
K.M. Peyton

商品詳細を見る

このタイトルがずっと、気になっていたんです。
でも読み始めたら、すぐに分かりました^^

貧乏で、おちこぼれの集まり、みたいに思われている学校の子どもたちが、お金持ちの学校の子どもたちに勝負を挑みます。
学園もので、想像しやすいせいか、読みやすかったです。
ただ、ちょっと登場人物が多いです。

多読を始めたとき、人名が一番読み辛かったので、これを読みきったときに「あ、私成長したかも…」と嬉しくなりました。
毎日少しずつしか読めなくても、少しずつ、前に進んでいるようです。

読みやすさレベル・3  10,296語

人気ブログランキング
↑多読に感謝 ポチッとお願いします^^

 | HOME | 

ブログ内検索

クリック募金

クリックで救える命がある。

おおきくなぁれ♪

カレンダー

07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

カテゴリー

読了本(種類別)

月別アーカイブ

amazon

お気に入りです

ブログランキング

★ランキング★

プロフィール

リッカ

Author:リッカ
読了本の紹介や思ったことを綴っています。

2007年11月より多読をスタート。
2008年10月 100万語通過。
2009年 6月 200万語通過。
2010年 3月 300万語通過。

300万語通過以降、カウント停止。


多読とは、
1・辞書は引かない
2・わからないところはとばす
3・つまらなくなったらやめる
を原則として、
簡単な本を沢山読む、というものです。

なお、読みやすさレベル、語数はSSSさんの書評システムを参考にさせていただいております。

コメントは歓迎しておりますが、
記事に関係のないコメント・トラックバックは削除することがありますので、ご了承下さい。

多読始めはここから

リンク

☆リンク☆

RSSフィード

本選びの参考に

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。